スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リミット 第12話(最終回)

ようやく心を合わせ進み始めた4人。しかし,目の前には壊れかかったつり橋。腹を傷つけられて歩けない神矢は渡れそうにもありません。そこで,意を決した日向が助けを呼んでくると壊れかけたつり橋を渡り,その様子をみた盛子も助けを呼ぶには人数が多い方がよいと自分から橋を渡っていきます。

そして,取り残された神矢と近野。神矢は怪我の悪化を感じ取り近野を行かせようとするが,近野は何を思ったのか,突然橋を叩き落とし渡れなくしてしまいます・・。いや,もちろんそれは近野が神矢の傍にいようとを決めたからなんだけれど,救出劇やその後の展開を詳しく見たくて,ここでの一波乱にはちょっと疑問が湧きましたw

さて,捜索隊に加わったいがぴ~ですがもう足腰グタグタです。ちょっとやり過ぎwのように思いますが,一人だけかなりの危険状態。足を滑らせ,ガツンと落ちたりして,ほんと大変そうです。窪田くんの体の張ったお芝居なのですが,上手いと思うより先に「ほんと足手まといだ・・」と思わずドラマに引き込まれてしまいましたw

そしてほどなく捜索隊といがぴ~が日向と盛子,そして神矢と近野を発見,救出したのでした。病院にはなぜかハルも助けられており,近野とハルはお互いを許し,両親が現場に来なかった盛子もいがぴ~の励ましもあって両親に電話をかけます。日向も素直に警察で事情を話し,神矢もクラスメイトを実は見下していたことを悟り,生き残った5人はそれぞれの心の闇に一区切りをつけたのでした。そして,1クラスが消滅してしまった2学期。女子4人(日向は停学?)は学校に登校し,髪をなでつけやや大人になり校門に立ついがぴ~ならぬ五十嵐先生に挨拶をするのでした。

最終回は,4人の女性キャストの美しさや可憐さが感じられるシーンも多くあってよかったですね。日向と一緒に助けに行こうと一歩を踏み出す盛子の表情,声の調子。弱々しくも優しく可憐だったし。救助隊に出会って「友だちを助けてください」とようやく言えたその重さ。髪が解けた神矢の女らしさ,病室でほほ笑むハル,痛んだハルの傍にいることを決めた近野の終末感溢れる笑顔(あまりこの子の雰囲気は好きじゃなかったけどこの終末な雰囲気はよかったな)。惜しむらくは助かった薄井が本当に見たかった。彼女にサバイバルを経験させてあげたかったと思うのでした・・。

全体的な感想としては,原作どおりなので仕方がないとはいえ,サバイバルの状況と個人間の心理戦の取り合わせが,最後になるまでミスマッチングを感じて馴染めなかったですね。ごく単純に,大災害の時の人々の行動を見てたり(思い出したり)すると,生徒たちのすったもんだはありえない気がしちゃって。あくまで個人的な志向の範疇とはわかっているのですが,残念でした・・。

一方,いがぴ~についても,いわゆる成長物語ではなく,どこまでもダメ教師で,最後に断罪されるようなストーリーを見たかった気もしますね。生徒がいつまでたってもダメで,ダメ教師の成長ぶりのみ見られるっつーのは,基本的なドラマの筋としてお尻の座りが悪いものだったし,窪田くんのもっと新しいお芝居を見たかったなーと思うのでした。まぁ,同じクールのSUMMER NUDEの光の恋にまつわる成長物語はあれだけ嵌った自分なので,ほんと個人的に何をそのドラマに求めてたか・・だけなんでしょうけど。

それにしても窪田くんが成長物語を演じる時の凄さって,その人物が元から持っていて,その後の成長に繋がる種を,脚本に直接書かれていなくても,ぎりぎり明示的にならない程度に物語の初期から出してくるところでしょうね。最初は単なる個性に過ぎないものが,その後ポジティブな美点として開花する「過程」を肉体表現で見させてくれるところ。その貫き具合の鮮やかさなのかなぁと思う2013年の初秋でありました。
スポンサーサイト

リミット 第11話

錯乱した日向の鎌の一太刀はなんと神矢の腹を切り裂く。さらに動揺した日向は谷に飛び込もうとしたが、近野と盛子の怪力wで日向を助ける。ようやく結束した四人はようやく飛んできたヘリの方向に山中を進んでいく。しかし、父母に虐待を受けていた盛子は帰るところなんてないと拒むが、近野の「盛子が父母から受けた経験を誰かに話そう。わかってもらおう」という説得で、ようやく閉ざしていた心を開こうとする・・

なんか近野が色々と強引、剛腕な気もしましたがw、ようやくようやく皆が揃って歩き始めたのにほっとしました。って、そういうドラマじゃないのかもしれないんだけれど、やっぱりサバイバルものだと思っているので・・。4人で星空の下で過ごす夜、神矢が「限りある人生を生きる」という意味がようやくわかったと言ったのが、ほんとよかったんですけど、不吉なフラグでないことを祈るばかりです・・

さて、ギリギリの現実を思い知らされているいがぴ~。神矢の妹のまみこちゃんがお姉ちゃんが帰ってくると何の疑いも持っていないことを改めて知ります。まみこちゃんよりふかくしゃがみこんで、視線が低いいがぴ~。窪田くんの視線を合わせるお芝居にはいつもやられます・・



大きな手でぎゅっと抱きしめる・・。まみこちゃんが羨ましい・・

kubo0113_2.jpg

いがぴ~の素敵さのひとつはこの風にたなびくサラサラ髪

kubo0113_3.jpg

そして、生徒の顔を知っているのは自分だけと山中の探索際に志願します。

kubo0113_4.jpg

個人的には疑問な判断と思うのですが、きっと初めて流されず自分の意思で行った決意なのでしょう。頑張れ、いがぴ~。

リミット 第10話

いや~、すっかり感想が遅くなってしまいました(汗)。ちょうど秋の北海道旅行の時の放映で、ようやく今日、ちゃんと見たところです。なんというか、終盤の最重要回でしたね!

薄井の死の真相が明らかに、そして転落したバスが発見されたのに、どんどん状況はひどくなっていく一方の第10話。そんな状況の中で必死で生徒たちの生還を祈り、苦しむいがぴ~や近野の家族をはじめたとした家族たち。

外野が全員死亡前提で動いていることに、激しく抵抗するいがぴ~の「生きてる・・」の叫びと願い。

kubo0111_3.jpg

でも、当の生き残った4人は、殺すの殺されるとまだやっているのが・・・あぁ、「生きたい」「帰りたい」なら、やるべきことがあるだろうに・・いや、まだまだやきもきは続きそうです!

でも、いがぴ~と近野父との交流シーンがまた増えていてよかったです。相変わらず寝姿が可愛すぎる窪田いがぴ~。

kubo0111_5.jpg

流れで生きてきたいがぴ~の岐路にちょっとビターだから心温まる話をしてくれる近野父。

kubo0111_4.jpg

在りし日のクラスの姿を映したビデオが効いていましたね。そんな中でも、いがぴ~は体をはったお芝居を・・。思いっきりつんのめって頭から倒れこんでました・・。そして、腹チラwww

kubo0111_2.jpg

さて、あと2回。みんなちゃんと戻ってこいよーー。

リミット 第9話

遭難4日目、あっという間に一日が終わる~。いがぴ~の知らせによりバスが静岡方面に寄ったことが確認され(って、警察遅すぎ・・)、遭難学生たちの家族達も静岡方面に到着。いがぴ~も神谷2号、3号,4号の付き添いとして同行することになり、元パパのいっけいさんから、よくフリーターから脱却して教師になったと缶コーヒーをもらったのだった。

一方、遭難生徒たちも、4日目はあっとう真に夜になり。たき火でしいたけとエリンギ(みたいなもの)を焼いていて、お腹の心配ないみたい。だからなのか、一行の関心は、崖から落ちたハルにはほとんどなく(個人的にはコレ、哀しすぎる・・)、やはり薄井殺害の犯人探し。もうちょっと前向きに助かること考えようよ、みんな。

モリ子は以前に何かあったのかずっと日向を疑っており、それを問い詰めた近野は日向に首を絞められる。事実を知ったものを殺せば事実を隠すことができると思いこんでいる日向もすでに正気の体ではないよう。で、もっとヘンなのは、まったく抵抗せず、首を絞められるがままの近野。近野にも死にたい理由が何かあるのか??

という時間の進行は早いけれど犯人が誰かはわかったけれど、微妙に薄い感じがして、どうしても興味はいがぴ~方面へ。いや、いがぴ~と神谷4号とのコンビがよすぎて。すでに尻に敷かれまくりのいがぴ~が可愛すぎますね。またね、4号ちゃんがよくってね~、百合子先生がいがぴ~に好意を見せるやいなや、いがぴ~を渡すもんかと勢いでいがぴ~を可愛く一喝してたのが、なごんじゃいましたね。

で、ようやくいがぴ~といっけいパパの接触が。いっけいパパがいがぴ~をさりげなく気遣う場面。缶コーヒー渡すだけなんですよね。瞬時の演技で、本当にさりげなくって、気をつかわれている人も気づかないくらいのさりげなさなのに、そのあたりのニュアンスがちゃんと伝わってきて素敵だなぁと思いましたよ。でも、窪田くんといっけいさんが並んでいると、いっけいさんがほとんど変わっていないのも、窪田くんがほんと大人になったのもよくわかって、ファン的に嬉しかったですね~。

で、第10話の予告編、よかった!。めっちゃ見たい、今すぐ見たい~。

リミット 第8話

遭難3日目の夕方遅くから4日目朝まで。3日目、長かったなぁ。日向合流、薄井発見、ドロドロの犯人探し。いがぴ~ロックオン。夕刊特ダネ。紛糾の保護者会。いがぴ~土下座。ハル転落。神谷妹弟失踪。いがぴ~伝票発見。捜索陣にようやく情報が・・。でも、まだ犯人探しを続ける遭難生徒たち。いや、こうやってまとめてみると、いがぴ~の人生が変わった半日(ドラマ3回分)でしたね・・・。うむ。

転落したハルを探すこともなく、遭難生徒たちの心の闇とか、薄井殺害の犯人探し(神谷のミスリードっぽい発言がちょーっと辛い)をここまで引っ張ると、このドラマ、サイコホラーとかサイコサスペンドラマになってきちゃって、王道のサバイバルものには戻らないだろうと思うと、サマヌの、恋愛シーンのない恋愛ドラマと同じ物悲しさがちょっとだけこみ上げてきております・・。むむむ。

いや、そんな訳なので、サバイバル状況に直面してようやくちょっと目が覚めたような体のいがぴ~が凄く王道な訳で。でも、生徒たちは帰って来ないんだよ~。それはいがぴ~のせいではないけれど・・冒頭の教室での焦燥したみだれ髪のいがぴ~を見ていると、どんなにショックを受けるのか、そればかり心配と言うか、いやもちょとだけ見たいというかwww。ダメ人間です、自分。

いがぴ~が見せる、神谷妹弟よりもちょっとだけ大人と言うかお兄さんな、実年齢からいったらかなり幼い雰囲気が素敵過ぎますね。黙っていなくなった神谷3と4が2に怒られる場面。3、4をかばいつつも心細い2もあったかく接してあげなきゃと言いたそうな、ちょっと俺、年上ですからと言いたげな表情とか。自分の立場を自覚して、ちょっと背伸びしなきゃという矜持のカッコよさと、同時に「いがぴ~のくせに生意気だ~」とちょっと突っ込みたくなるような滑稽さもどこかにあって面白いなぁと思いましたよ。

で、すやすや眠るピュアな、幼げな寝顔や、サラサラ髪をなびかせてデコ出しで、JR線(横浜線?)と並行して走るシーンとか、見どころもいっぱいでしたねぇ。またね、走るシーンが最初はいがぴ~らしくドタバタと走り出しているんだけれど、スマホで話しながら走るシーンになると、スピードが乗ったせいか、高度な動作で余裕がなくなってきてるせいか、かえって凄くいいバランスですーっと滑るように走っていくのがホント綺麗でした~。

さて、まだあと4回。ドロドロも、二転三転もあるんだろうなぁ・・
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。