FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ見ても波瀾爆笑 工さん回の窪田くん

もうずいぶん前になってしまいましたが、火村先生本編の最終回の日に放映された「いつみても波瀾爆笑 斉藤工さん編」の感想です!窪田くんは生瀬さんと一緒にVTRで登場されて、最近の交流状況について報告されていましたね。

この時の自然な雰囲気が素敵でしてね。ラフなシャツ姿ってのもいいですし、このね、襟ぐりが開いて、素敵な首元のラインが見えるのがすっごく素敵でしたねぇ。



2回目の現場ではリラックスできる窪田くん。今回も、生瀬さんの工さんへの突っ込みに「みんなを巻き込むのが上手」ってフォローしてましたねぇ。あと、冷麺の件での工さんの異常なこだわりをうまく話していたりして、なんか窪田くんも大人になったなーってしみじみしましたねぇ・・・。で、くぼたくでダブルス卓球をしたっていう・・・!。ほんとよかった~。

おそらく窪田くんと工さんって感性とか志向性とかかなり違うと思うし、俳優としては正反対くらいのタイプかと思っているんですが、人との距離感とか、心の中に潜ませているピュアな部分が似ていて、いい関係が築ける間柄なんだろうなって、今回の火村先生シリーズで強く思いましたねぇ。また一緒に、映画なんかやってくださるといいなーって思いました。

一緒に仕事と言えば、この日のゲスト、金子ノブアキさんだったですね。工さんと仲がよいって聞いてびっくりだったのですが、この3人といえば、やっぱりQPですよねぇ。今だからこそ、もう一度QP続編(ってノブアキさんは死んじゃったかw)をやってほしいな~。
スポンサーサイト

火村英生の推理 ANOTHER STORY「切り裂きジャックを待ちながら」後編

とうとう火村先生も本当の最終回となりましたね。この革ジャン姿の有栖先生もしばらくは会えないのかな~。窪田くんの頭の小ささと胸の広さを強調する面白い衣装だったな~って思います。



でも、この終わり方、なんとかシーズン2の可能性がでてきたと理解していいのでしょうか。本放送終了時にははっきりしなかったけれど、次はふーるーかもしれないけど、なんとか行けそうだとなったんでしょうか。きっとね、このドラマ、もう少し調整していったら、すっごく面白くなると思うんですよね。窪田くんと工さんのコンビもいい感じだし、何より工さんがのびのびしているのが見ていて楽しいし。刑事メンバーもコンビネーションもなかなかだと思うし、何より推理中心(ちょっと怪しげな感じではあるけれど)なのが好感が持てるのでで、ぜひシーズン2とかSPドラマをお願いしたいですね。

さて、最終回。他者を思うがままにしたいという犯人の動機と諸星の欲望を重ねることで、火村先生の正義感というのか、そういう心を「美しくない」として、それを狩るというか刈り取ろうとする思いが復活する様子を描いておりましたね。火村先生が「復活できた」理由もわかったけれど、相変わらずあんまり夢のない話というか盛り上がり気分が大いに殺がれる・・・そんな気はしました。世の中にカッコいい犯罪なんてありはしないというのはわかるんだけれど、やっぱりね・・といつもの愚痴がでそうになりますww。今回のトリックもあんまりだったし、そのあたりは結構不満。

でも、前に書いたのですが、地下アイドルの世界やそこにはまってしまう人の可笑しさは結構いい感じで面白かったです。地下の世界で一生懸命頑張ろうとしていた犯人が、手塩にかけた秘蔵っ子に無下に否定されてしまうアンダーグラウンドのもの哀しさすごく感じたし。こういうアンダーなものに対する思いは工さん、生瀬さん、マキタさんにはあるだろうから、けなしながらもあったかさが溢れているそんな感じにはなっていたなーって思いました。もうどんどん趣味っぽくしていったらどうでしょうね。シーズン2、期待しています!

火村秀生の推理  ANOTHER STORY2 ちょっと追記

「若い子が純粋に全力で歌い踊る。それだけで人の心は動くものです!」というのは鍋島さんの名言でしたねぇ。ほんとそうだわ~。

って、有栖先生の窪田くんも踊っておりますよ!

kubo20160402_1.jpg

この踊り?がキレがよくって、また窪田くんのダンスもの見たくなっちゃった~。ガチバンクロニクルからあっという間にもうj2年。窪田くんのダンス経歴も知れ渡ってきたし、そろそろどうでしょうね・・・。

火村英雄の推理 ANOTHER STORY「切り裂きジャックを待ちながら」前篇

ちょっと気になっているんですが、火村先生本編、いわゆる打ち切りってやつだったんでしょうかね?本編最終回で気になっていた火村先生と諸星がダムに落ちて戻ってくるまでのことが、このANOTHER STORYで徐々に明らかになっていってます。本当だったら、幻の最終回があったんかなーとちょっとだけ思っております。

でも、やっぱり一番気になっていた部分だったので、このフールー版も俄然見る気が倍増してきましたよ!。本編に比べれば、火村先生が戻って来てのお祝いパーティーとか、確かにちょっとお金がかかっていないなとか、主要メンバーを効率よく出演させてるなとか思ったりはするんですが、逆にそのキッチュなところが面白みに繋がってると、個人的な好みもありますが、見てていて楽しかったですね。

見ていて楽しかったといえば、やっぱり生瀬さんとマキタスポーツさんの使い方なんでしょうか。二人が地下アイドルにはまる、本編の真面目さを残しつつも、がっつりアイドルに嵌ってとちくるっているところがやっぱりこのお二人にはよく嵌っていてね、目新しいものはないし、チャレンジングじゃ全然ないんですが、安心できる面白さがあるな~って思いましたね。そして、犯行現場で、それまでアイドルにはじけてしまったおじさんだったのが、しっかりと刑事の真面目さに戻るところの興味深さあったしなぁと。

さて、我らが有栖先生も火村先生が帰ってきたこともあって、とにかくニコニコしてて可愛いし。切り裂きジャックの振り付けをビシビシ覚えて飛び跳ねているのも最高だし。可愛いだけの窪田正孝もいいもんだあぁと嬉しくなりますね。まあ、そんな訳で、柔硬のバランスといいますか、馴染みやすさの作り方といいますか、もうちょっと熟成できればよかったですねぇ・・・・本編。

でも、それをこういうHuluという別メディアで、展開させられると言うのも今どきで、こっからもう一回やれるってのがあるかもしれません。何にせよ、なかなかに面白い時代かと思いました。さて、後編。

火村秀生の推理  ANOTHER STORY1 「探偵、青の時代」

さてさて、ようやくHULUのANOTHER STORYの方に突入です~。第1話は約17分。主たるところは、大学時代の火村と有栖の馴れ初めというところでしょうか。

有栖川くんも火村先生も今お勤めの同じ大学の出身で、同じ食堂で、同じカレーを食べていたんですね。で、火村先生が有栖を今教えている大教室でナンパして、カレー食べさせて落とした・・・火村先生一目ぼれ??ってところでしょうか?当の有栖先生は小説家志望だそうですが、こんな風なちょっとよそにはいない風体なんですがねぇ。



ちょっとした事件とちょっとした推理もあるのですが、なんていうか、それこそ小学生向きの学習雑誌にあるような内容だったので、それを凄い凄い面白い!と参ってしまう、有栖先生もいったいどんな推理小説を書いていたのか、心配されるところですねWW。うーん、本編よりも緩い作りのせいか、ふたりのイチャイチャが目立つような気がします・・・。個人的には二人のイチャイチャよりも、有栖先生とモモちゃんのイチャイチャが断然見たいのですが、そういう各所から??の高いニーズは満たしてくれないんですよねぇ。このドラマ・・・・

そして、最終回の後日談ってのかな、情報確定みたいなシーンが少し。聞きたいのはその先なんですがね。。。まあ、こちらはこのあと2話残っていますから、そちらにも期待しましょう~。
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。