FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下流の宴 第8話

あ~あ、残念ながら最終回。サブタイトルは「果てなき戦い」です。2年を費やした受験勉強のかいもあり、珠緒は念願の医大合格を果たします。由美子さんとの因縁を持ち、珠緒の受験指導をしていた島田くんが一報を聞いて「勝った!」と力強くつぶやいたように、「上からの見下し」に対する「下とされた者のプライドと愛」をかけた戦いに珠緒は勝ちぬいたのでした。そればかりでなく、島田くんと健治さんの両方が言うように、努力と言う無限の可能性スキルを身につけて、自分の明日を切り開いた珠緒は、翔ちゃんはもとより自分たちよりもずっと上に行ってしまったのでした。

ようやく、福原家からの結婚の許しも得て、教会の下見に行く翔ちゃんと珠緒。古風な教会に、白いシャツと白いワンピース姿の二人。翔ちゃんは中にTシャツを着ているものの、少しゆとりのある白シャツのエレガントな印象が強くて、まるで結婚式のよう。しかし、幸せいっぱいの珠緒を前に翔ちゃんは突然別れを告げます。「珠緒、俺達、別れよう」。愕然とする珠緒。医者になろうとしたのも、受験勉強を頑張ったのも、みんな翔ちゃんとずっと居たかったから、翔ちゃんと結婚したかったからです。泣いて、叫んで、自分には翔ちゃんが必要なんだと必死で訴えます。

しかし、翔ちゃんは言います。「自分はずっとプーのままだ。自分はずっと変わらない。珠緒が医者になるため、そして医者になってずっと努力し続けたら、きっと自分のことを軽蔑するようになるだろう。たとえ、もし、そうでなくっても、一緒に医者を目指す珠緒の周囲の人たちは、自分のような人間と一緒にいる珠緒のことを馬鹿にするだろう」と。「自分は珠緒のように頑張る人のそばにいるのがダメなんだ。そういう人と一緒にいると辛くなるんだ。珠緒はもうあっち側の人間なんだよ。でも、自分はずーっとこっち側だ」と涙を流し声を震わせつつも、静かに珠緒に決別の言葉を送ります。

こんなに情けない言葉なのに、決して弱々しくはない、冷たさも感じる程の毅然とした、遠いところに自分を置いた表情と声。一方で、異なる価値観や生き方を獲得してしまった自分たち、特に珠緒がまっすぐ生きていくのに必要なことを伝える、涙をこらえながらの優しい表情。珠緒は翔ちゃんの気持ちが変わらないことを悟り、一人去っていきます。

その始終を影から見ていた由美子さんは本当に本当にようやく衝撃を受けます。破談の報告を家族一同に告げると、当然のことながら、みんなから翔ちゃんは非難を受けます。でも、由美子さんは「翔は努力の意味が本当にわからない子なのです。そして、そうさせてしまったのは私なのです」と初めて翔ちゃんの弱さと、その原因は自分にあることを、みんなの前で認める言葉を発することができたのでした。その言葉を聞いた翔ちゃんはびっくりしたようにようやく母の顔をじっと見つめます。

その後の福原家は、可奈も子どもを連れて出戻ってきてしまい、貧乏暮らしも板についてきました。ご飯と漬物とおつゆの食事。全員、ファストファッションのジャージー姿です。翔ちゃんは今でも漫画喫茶で働いていて、その働きぶりが認められ店長にと言われますが、他の店員を叱ったり、店の運営のため頑張らなきゃいけない仕事はいやだとあっさり断ったそうです。家族全員がっかりですが、そのトーンはどことなく明るく、ダメな自分たちを受け入れて、久々の家族団欒をする余裕がようやく漂ってきていたのでした。

ある晴れた日、翔ちゃんは珠緒と一緒に行った公園でひとり、芝生に寝そべっています。いままで見つめるだけだった小さなアリを自分の手の上に載せて、「お前も努力しているなぁ」とニコニコ顔で遊ばせています。そして、陽の光を浴びて、本当に幸せそうに、ネコのようにごろんとお腹を見せて転がるのでした。一方で、由美子さんは出戻ってきたまだ赤ちゃんの孫に、「あのお姉ちゃん(珠緒)のように、努力して、頑張るのよ~」とあっけらかんと語りかけ、博物館に恐竜を見せにいそいそとベビーカーを押していきます。

そんな風に二人の様子は結局のところ変わりません。変わったのは、ふたりが明るくリラックスした表情になった、そんなことだけかもしれません。それを袋小路ととらえるか、小さいけれど大きな一歩ととらえるか、それはドラマを見たひとりひとりに任されている。そんなエンディングがとても納得できる、懐の深い本当のドラマだったように思います。

なんか、本筋だけで、随分長くなってしまいました。本当は、島田くんの色気のこととか、珠緒とお母ちゃんの深い愛とか、一番共感できる健治さんのこととか、鉄道バーの蛭子さんのお言葉とか、「しんどい仕事がしたい」と言ってしまった珠緒の将来において翔ちゃんが本当に必要になる瞬間や、反対に翔ちゃんが行き詰まり本当に珠緒が必要となる瞬間(このへんは妄想w)とか、そして窪田くんの一挙手一投足について色々と書きたいのですが、また思いついたら書きます~。ほんと、濃いドラマだったです。
スポンサーサイト

下流の宴 第7話

昨日の重盛さん@清盛も凄かったですね。泣きながら、鼻水やつばを流しながらなのに、文語体のセリフを美しく力強く響かせながらの父への最後の説得の場面、素晴らしかったです。個人的にはその前の、時間でいうとちょうど開始39分くらいの、とうとう重盛さんが「いくばくの手勢を率いて、後白河院の元に参じる」と父との決別の言葉を発した時の何もかも見切り、心を決した冷静ながらも挑発的な表情が好きでした。

そして、立ちあがり去っていこうとしつつも、清盛に呼ばれ立ち止った時の後ろ姿、右肩を落とした立ち姿が、孤独に闘うことを決めた男の後ろ姿であって非常に感激いたしました。まぁ、簡単に言っちゃえば、私がそこに勇人を見て萌えたということなのですが、たぶん、それは勇人自体というよりも、「孤独を自覚して戦おうとする」魂の象徴としての後姿なのでしょう。(勝手を申せば、窪田くんの場合、魂があってからだに現れるというよりも、からだと汗や顔色など感情と見えるもの、それら無数のひとつひとつの現れや動きによって魂が形作られているのだと感じています)

閑話休題。さて、いよいよ大詰め下流の宴第7話。サブタイトルは「愛と情のはざまで」・・ってちゃう、「逆転の予感」です。あ、清盛第43話もそういうタイトルでよかったかもしんないですね・・って、っちゃうw。珠緒のプライドを傷つけられた怒りと由美子さんの狂気のごり押しの間に挟まれ、どちらも選べず、はたまた捨てられず、切れたりモノにあたったり精神的にも追い詰められた重盛・・ちゃう、翔ちゃんでした。変わらない母、変わっていく恋人。どちらも翔ちゃんの望みとは離れていっているのですが、ふがいないのは誰なのか、翔ちゃんは地面を這うアリを足を高くあげて踏みつぶそうとしますが、やっぱり踏みつぶすことはできません。

珠緒も由美子さんも未来のために頑張ることに夢中です。受験勉強2年目の珠緒はようやく志望校の合格判定でA判定をもらいました。筆記試験の合格の目処も立ちました。でも、まだ先があります。面接試験でインパクトのある応答をしなければなりません。上を目指せば、次から次へとハードルが現れる。そんなサイクルに彼女も入りつつあるのかもしれません。一方、そんなサイクルから外れてしまった健治さんは家族と住宅ローン返済がたぶん唯一の働く意味ですし、可奈の夫の玲ちゃんも激務と心労の果てにうつ病になってしまいました。一体、何が悪くて、彼らが失敗したというのでしょうか。

健治さんに連れて行かれた鉄道バーでそれなりに楽しそうにビールを飲んで、酔っぱらった父を家まで連れて行く翔ちゃん。健治さんの励ましをまともに聞くわけではないのですがなんだかまんざらでもなさそうです。そして、帰ってきた珠緒を抱いてキスして、でもエッチはしなくって、でも珠緒の匂いや彼女がそこにいてくれることはまんざらでない様子。彼女を優しく可愛がる翔ちゃんの姿(これがまた色っぽい)に、なんとなく翔ちゃんのいたい世界が少し見えたような気がしました。

センター入試の朝、珠緒を送りだした翔ちゃん。そのまなざしは微妙に冷静で、珠緒でない何かを見つめているようでした。さて、最終回、みんなの運命はどう展開するのでしょうか!

続きを読む

下流の宴 第6話

サブタイトルは「偽りの家族」。由美子さんや可奈の考えている幸せな家族像ってやっぱりおかしいと思うんです(って言うまでもない気がするけど)。世間的に誇れる立場、仕事、それを達成することだけが幸せ。それが達成されない時には、その部分を隠しこんでしまうのも当たり前。やっぱり変だと思うんだけれど。

でも、それにあれだけ心を注いで、努力(なのかな・・)し続けて、私はそれが欲しいんだーと叫ばれると、あれだけ翔ちゃんをないがしろにしているのに、その迫力にどうも負けてしまっている自分です。また、ガチバンと一緒にしちゃいますが、レオ(お色直しの時に可奈が翔ちゃんに言ったセリフ、ほとんど内容一緒だぞっ)に弱虫と言われて、言い返せない勇人の心持ちと同じとゆーか(あ、私がですよ)。でも、可奈凄いなーー。結婚式での「私が主役」な表情、敵をせん滅しようとする目。ふっきってる人には、やっぱり負けるわ・・・。

翔ちゃんが正面切って反抗しないで、哀しくも冷めた笑みだけがどんどん凄みを効かせていくのだけが、反抗の表現になっていっていいんでしょうか。珠緒はそっから抜け出したくなって頑張っているんだけど、翔ちゃんは母や姉をどうにかしたいという気持ちはなさそうです。大事なはずの人たちが「お前なんていらない」というのに、心の中で何を思っているかはわからないけれど「そう」と言ってしまえる心根と表情。さすがに私もヤキモキしてきました。

だから、健治さんが「いずれっていつだよ」と由美子さんにケンカふっかけ、結婚式のスピーチで自分のリストラについて正面切って述べたのは本当に溜飲が下がりましたし、それを婿の玲一さんが真面目に聞いていて、結婚式の後にその通りだと肯定してくれたことは本当にほっとしました。あー、にんげんてこうでなくっちゃ。

外で戦って傷つくことの大変さをわかって、それだからこそ見えてくる世界もあると、翔ちゃんにも伝えようとしてくれた健治さん。「オヤジもバカだなぁ」とそんな言葉を思い返す翔ちゃんの表情が目がまるで人外のもののように、超能力者のように、複雑な煌めきを宿します。心の奥底がようやく動いたのかな。

しかしながら、そういう痛みをわかる男たちの上には、更なる災難が降りかかるということで、いよいよ大詰めの第7話に突入するのでした。

下流の宴 第5話

サブタイトルは「裏切られた母」。島田くんが珠緒の受験勉強を見るようになり、同じ価値観を共有していると思っていた娘の可奈からは、だからこそこれまでの生き方を全否定され、夫の健治も「幸せだ」とは言ってくれない(まぁこれは健治さんのリストラっていうの事情ってものがあるんですが・・)。そんなこと全部含めて、自分の価値観がひっくり返って、ショックと不安で簡単にキッチンドランカーになってしまう由美子さんでした。

今回も、久々に家に帰ってきた翔ちゃんの目の前で、可奈が付き合っている一億円トレーダーの玲一さんに「この子は医学部を目指して受験中なんです」と翔ちゃん全否定の取りつくろいをいとも簡単にやっちゃうし、本当に自業自得と言いたいところ。でもね、たぶん、どんな素晴らしい人だったとしても、自分の信念を、自分の努力を、永遠に受け入れ続けてくれる相手なんていないんですよね。そう思えば、由美子さんの「自業自得」も他人ごとではないんだけれど。

そんなショックで深酒をして、酔った勢いで島田くんの塾にズカズカと行って、愚痴をこぼしたり、抱きしめてもらったり、甘えに甘える由美子さん。そんな失礼な酔っ払いに、惚れた弱みか、めちゃめちゃ優しい色気を発散中の島田くん。遠憲さんがね、表情がほとんど変わらないのに、もわっと、じゅわっと、気持ちが伝わってくる、声、声なのかなぁぁぁ。

一方、翔ちゃんは人によって態度というか表情がコロコロと変わるんだよね。おばあちゃんに見せる可愛い顔。ネコナデ声というかいい子ちゃん声とはこのことだよね。300万円貸してくれたおばあちゃんから「珠緒が失敗したら、翔ちゃんが大学行きなさい」と言われた時、眉頭から瞼に斜めに線が入ってマンガの線のようないかにもな困り顔で笑っちゃった。

珠緒と一緒の時は甘えてるのかな、言葉が端から溶けてくよな崩れ方。かいがいしく働いちゃったりするしね。そして、家族と相対する時のぶっきらぼうな態度。声のトーンを落として、一番男っぽい。そして、今日のキメ台詞「俺はこの家にはいない方がいい人間なんでしょ」と冷たい一瞬の微笑。傷ついた心を見せないようにしているのか、それとも「こいつらはやっぱり最低」という冷たい突き放しなのか。翔ちゃんも強がりで結構見栄っっぱりなんだよなぁとちょっと思う。

さて、酒につぶれて、マンガ喫茶に運ばれた由美子さんの追い詰められた姿を見て「おかあさん」と言っちゃう翔ちゃん。弱さが誰よりもよく見える人なんでしょうね。でも、ガードをゆるめていると、またズバンと来ますよということで、運命の第6話がやってきます~。

下流の宴 第4話

可奈「だって私,派遣ですよ」,(編集長ではなく)北沢さん「それが何か?」って・・・すっかり脚本が中園ミホさんだと忘れていました.

またまた,話はそれますが,ハケンの品格って,大泉洋ちゃんのドラマや映画の中で一番面白かったなぁと思ってます.バラエティな(っていうか水どうの)洋ちゃんと俳優洋ちゃんが幸せな融合を果たしている一編ですね(ピクトアップの窪田くんの前のページの洋ちゃんのインタビューを読んだせいかも・・ブツブツ・・)

それはともかく,この後の可奈の自分のダメさを見せることで,逆に男のプライドをくすぐるという高等戦術.その上,自分の悪いところ(とラクしたいところ)もあらかじめ男に飲ませておくことも完了っと,っていう描写はさすが中園脚本でした.この頭の良さを少し真面目に使えば,すぐにも自立した人になれそうなのに,なぜそうしないのか,いつも普段から不思議に思ってるところです.これじゃ,私,あのイヤ味な女正社員と一緒ですねーー.立場は全然違うけどっw.

あー,また話がそれました.でも,第4話「カリスマの逆襲」.すっごく面白かったです.とにかく,由美子さんは他人に火を着けるのがめちゃめちゃ上手い.その昔,島田くんに火をつけ,そして今また,珠緒に火をつけ,返す刀で島田くんに再着火.そう,由美子さんの周りでみんなが回っているんです.むっちゃ釈然としないけれど!.翔ちゃんの「俺は頑張らない」っていう強い「意志」でさえ,また由美子さんに焚きつけられた冷たい炎のように見えます.

珠緒の医大受験宣言が,そして「挑戦したい」という珠緒の本性が現れてからの翔ちゃんの外に出したくない動揺.とうとう珠緒に「翔ちゃんは結局お母さん中心なのよね.家出したのもお母さんの期待に添えなかったのを見るのが辛いからなのね」とズバリ言われた時も,軽い瞬き一回にとどめてあえて無表情.でも,その後の後ろ姿,肩が少々前傾気味.そして,カメラが回り込むと,少しだけうなだれていたことがわかる.短い時間のシーンの中で,動きにじみ出る翔ちゃんの心の中,といってもまだよく言葉にならない気持ちが,凄く印象に残るシーンでした.それに対して,ファイト溢れる珠緒の躍動感.やっぱりカッコいいよねぇ・・・.

さて,そんな風に女性陣が勝負を続ける中,健治パパはリストラ通告されました.結果がともなわない努力を悔んではならないのが社会人だけれど,自分がそうなるとやっぱりね,頑張るって何のためなんだろうと思いますよね.島田くんでさえ,珠緒がいなければそんな心持ちになってたようだし.そんな風景が見えている男たちと,視界に入らない女たち,いよいよバトルの始まりですが,誰と誰のバトルなんでしょうね,複雑・・.
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。