スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ST 第1話予告編の黒崎さん

日テレオンデマンドの 赤と白の先出し捜査ファイルで、ST第1話の黒崎さん(って他のメンバーもみんなですが)が見れますよー。

ST4人衆は黒、緑、黄、青の並びなんですね。身長順ですか・・・

kubo0630_1.jpg

腕組みポーズが定番の黒崎さんのニノウデが素晴らしいです!

kubo0630_2.jpg

分かれそうで微妙に分かれそうにない分け目ww。この夏は2つのドラマでの分け目の状態に注目したいですww

kubo0630_3.jpg

でも、こっちの方がデコが自然に出てるのですね~。綺麗な富士額です。
スポンサーサイト

ガチウルメイキング編:現場ひっぱる窪田くん その2

その2はアクションシーンでの引っ張りぶり。窪田くんよりも若い俳優さん、女優さんとのお芝居が多かったからかもしれませんが、窪田くんが監督さん達からの指示や想いを現場でのお芝居に反映させる役割を随所に見せておりました。

まずは、セイラの病気を知った勇人が、そうとは知らずウソ募金活動を続けるよっちゃん先輩の下司っぷりに怒り心頭、殴りつける場面。二人で芝居の段取りをつけているのですが・・・。



窪田くんが鈴之助さんに「違います、違います。まず(勇人が)わーっとなって、(よっちゃん先輩が)募金箱取ってきて、この距離をとってボカーッと(殴りつけますよ)・・」とわかりやすく雄弁な身振り手振りで一生懸命手順を伝えていますよ。

kubo0629_3.jpg

次に忠臣の山田くんとのアクションシーン。

kubo0629_5.jpg

大まかには監督さん(殺陣師の先生かも。。)がアクションの段取りをつけていくのですが、窪田くんのこの指が、山田くんとの間に入ってどう動くかお伝えていっているんですね。なんどか、この指がピピッと動くところがあり、まるで俳優二人の動きをコンダクトしてるかのようでした。

kubo0629_6.jpg

まだまだ続きます。「こう来て、押すから、離れたら、バシーンと。で、掴みに行く」と実際に取っ組みあいながらシンプルな言葉で段取りを伝えてましたね~。

もちろん、窪田くんも新たな技を身につけていきます。まずはおなじみ殺陣師の先生の振りを覚えていく場面。今回、先生のアクションシーンもたくさんあって嬉しかったですよ!。

kubo0629_7.jpg


そして、勇人が下になっての取っ組み合いのシーン。忠臣のパンチを貰いつつも下から勇人がバシーンと殴り返すのですが・・・

kubo0629_8.jpg

その時の腕の使い方か、体のかわし方が窪田くん曰く「これは、新しい!」と凄く嬉しそうだったのが印象的でしたねー。何かちょっと異次元になりつつある窪田メイキングでしたよ!

来週は朝市が(感涙)

あー、最近、朝市メモが進んでおりませんが、毎日、花子とアン楽しく見ているんですよ。特に、今週は兄やんが東京に登場してワクワク度も日増しに上がっております。時代の先端でブルジョア粉砕と言いつつ蓮子との恋にまっしぐらな宮本の微妙にチャラい感じとそういう社会を影の陰で支える任務を行う甲府の農民出身の兄やんの暗い目つき。ふたりの違いが色々と想いを馳せさせますよ!

そして、花子と村岡さんの恋愛問題・・。落ち着くところに落ち着くのでしょうが、そこに朝市が重要な役割をは果たすそうですよ。来週は朝市と登場しますよー!自暴自棄になるはなを「ほっとけない」と一喝です!はなにこんなのできるのは朝市だけよなーー(涙)

kubo0628_2.jpg

そして、すぐにこんな切ない、切ない表情ですよ(大泣)。

kubo0628_4.jpg

kubo0628_3.jpg

やっぱり私は秘めた恋と永遠の愛に燃えるわー。さて、どんなシーンになっていくのでしょうね。やっぱり来週がとっても楽しみです!

ガチウルメイキング編:現場ひっぱる窪田くん その1

今回のガチウルメイキング、いつも以上に窪田くんの成長を感じさせてくれる編集となっていますね。

セイラ役の永野芽郁ちゃんは14歳。勇人とのデートシーン。ふたりで1つのあんまんを分けあって食べるシーン。実はアンコが苦手な芽郁ちゃん。口に入れたあんまんが飲み込めなくて困っているところに、窪田くんが「出したほうがいいよ」・・・「出した方がいいよ」と声をかけてくれますよ。心配してくれる優しい窪田先輩なんだけれど、同じ言い方でちょっと不器用なのが可愛かったですw

kubo0627_3.jpg

芽衣ちゃん、よっちゃん先輩とのシーン。明日からガチクロのダンスシーン撮影ということで、芽衣ちゃんに踊って見せて、場を和ませる窪田先輩なのでしたw

kubo0627_2.jpg

で、よっちゃん先輩の鈴之助さんのインタビュー。いつもながらに「勇人と一緒にいれてホットとしたというか」と相変わらず窪田くんと言わない勇人愛がw、なんだかやっぱり嬉しいかったですね。

ちょっと疲れたので・・・

なーんとなく気乗りしない、でも緊張するお仕事が終わって、疲れがどっと出ました。

今日は、ガチウルメイキングの勇人のすっごく素敵な背中を見て、ほわほわと休むことにいたしますzzzz



うん。村岡印刷さんにもぜったい負けてないと思うんだよなww

本日はガチバンULTARMAXの発売日でした!

やほーーー!今日はガチウルの発売日だったのですが、セブンネットで昨日入手いたしましたよ!。ガチウルセル盤は本編の他、特典映像はメイキング23分の初日舞台挨拶29分の相変わらずの豪華版でした。

本編回して、恒例の勇人のデス声のナレーションが入るともう萌えて燃えて、やっぱり私は勇人が好きだーーっ!と画面に向かってガッツポーズかましてしまいましたよ。もちろん、朝市も大好きだしお芝居のいいところも30は言えちゃうけどw、あの勇人の姿が、そしてあの気張ったデス声が好きなんですよねぇ。

また、それぞれの感想を書いていきますが、今回のメイキングすっごくいいですよ!。ガチクロもいいと書いたかと思いますが、またこれもいいっ!なんたって、あの激闘のラス殺陣のメイキングが10分近くあるんですよ。素晴らしいです。いや、書いてくとすぐに長くなりそうなので、おぉーっと思った窪田くんのちょっとした演技の確認シーンを。



kubo0625_2.jpg

kubo0625_3.jpg

kubo0625_4.jpg

ひとりで座ってダンドリを確認しているんですけど、殴られた時、本当に力が横から入って行くようにみえるんですよ。凄かったです。いや、このシーンをメイキングに入れてくださってよかったですよ~。では、おいおいと。

久々に更新でございます

久々に窪田くん更新ですよっ!やっぱり嬉しいですね~。写真は5月末の海辺のシーン。いったい、何のご用でしょう?もしかしてサマヌDVD発売系??そう思うと服装が妙に光っぽい・・かな?



まだまだ花アンの撮影は続いているようですし、STも始まるし、窪田くんの夏も充実しそうですね。

来る、来ない・・・・

ずいぶん久々のめのぽ話でございますw。

昨年まで2~3年ほど懸案の大きな課題や仕事のプレッシャーで不眠症やら冷え性やらを抱えつつの日々を過ごしておりました。そして、その仕事が9月に終わったら、嘘のように気分も落ち着き、不眠症もほぼ解決したような気がしました。ずっと診ていただいていたお医者様にも「いやー、そんなにプレッシャーだったんんだね」と苦笑交じりで言われたりしました。

しかーし、そこですっかり気が緩んだのか、昨年の秋ごろからはもともとでぶでしたけど、どんどんどんどん太ってしまいましたね。ふとったせいなのかもしれないですけど、何か疲れやすくなったと言うか、根が続かなくなったと言うか、なんだかすっかり老けこんでしまった・・落ちついた生活ながらも何か心の隙間みたいなものも感じるようになりました。

そして春になって、大台の誕生日を迎えた頃、2週間たっても予定のものがこなくて、「あぁ、とうとうこの時が来たのか」とやっぱりどーんと胸に来るもののがありました。でも・・・その後数日して、前にも書いたような大出血を迎えたのでした。安心したような、なんなのかw。次の月は普通にあって、で、その次の月はまた2週間遅れると。そんな風な日々を送っております。

ま、そんなめのぽな日々ですが、いや、ほんとに自分、めのぽなのでしょうか?一度色々と検査とかしたくなってきました。ちょっとやってみましょうかね?

BARFOUT7月号の窪田くん

バァゥフ7月号の「はぴねす」、落ち着いたお座敷風の焼き鳥屋さんで、食べ物、食べることにまつわるインタビューでございました。

青ピンク(?)のやわらかなカーディガンのお写真。この胴と腕のスキマにやられます(^^;;;;



今回、くつろいだお姿が(お酒入ってる?)ちょっと猫系でございました~。

kubo0622_1.jpg

インタビューでは好きな焼肉のお話もよかったんですが、食べることについての役作りのお話もあって、面白かったです。ファンには有名な、「ふが僕」の福田くんの飢餓感を実感するためにご飯を食べなかったというエピソード。窪田くんは「その気持ちを覚えられたらいいなと、なんの前触れもなく、やってしまうんです」とおっしゃってました。「なんの前触れもなく」ですか。なんだか、やっぱり何か憑りついちゃうのですかね。不思議なフレーズでしたね。

ナニワ銭道 発進

春ごろから色々と噂になっていた窪田くんの主演映画「ナニワ銭道」の公開が、本日発表されたようですね。

ネットニュースも色々と出てますが、ここがかなり詳しいです!

テレビドガッチ

このところ流行りのお金モノのようですが、「窪田が演じる「正義感だが世間知らず」の青威と、的場演じる「法に明るいが銭に執着する」小籔のバディが、時に衝突し、時に助け合ってトラブルに立ち向かっていく物語が描かれる。」とあり、もうこの時点で、キャストばっちり(升さんの関西弁ーー?)、話も面白いの当然なじゃんな感じですね~。ともかく、窪田くんは長い時間演じるほどよくなっていきますから、メインキャスト本当に嬉しいです。

スケジュールは

7月12日(土)よりシネマート六本木にて2週限定公開
7月19日(土)よりシネマート心斎橋にて1週限定公開

限定公開と聞きちょっとヨロっとしましたがw、東京では2週間、そして大阪でも公開ありとのこと。舞台挨拶も関東関西両方あるんでしょうね!

H7月号の窪田くん:DB編

さて、今回のインタビューのメインは、窪田くんのヒーロー孫悟空と愛する「ドラゴンボールのこと」

そんな訳で、かめはめ波の全身ポーズが2つもありますよ!あまりに素敵なポーズだったので、波動を出るってもんです。



さて、窪田くんがドラゴンボールの心に残る話として熱く語っているのが、魔人ブゥの死と再生のくだり。倒された悪の存在が生まれ変わり、そのよき成長を『未来に託そう』と神と悟空が取り計らっていく、そこにとても感心されたようなのですね通常、物語というのは死ぬまでのことを描くもので、死んだらそれで終わりなのだけれど、その後を物語は描かないけれど、実はその後の展開があるのだ、そんな物語の見方を窪田くんはしているのかなぁと感じたのでした。

ふと、ゼロワン(窪田くんが演じている訳ではないけれど)や椎名や信吾のように行った罪を死でもって責任を取った、もしくは取らなければならないであろう悪であっても、もしくは重盛さんや捨蔵のように哀しくも死に直面する運命であっても、何かの形での未来の再生をどこかで想い願いながらの演技になっているのかなぁと思いました。窪田くんのお芝居のなかなか説明のつかない深さの源はそのあたりにもあるのかなぁとちょっと感傷的になったりもしましたね。

いいインタビューでしたよ!

100000ヒットありがとうございます

本日、大台に乗りました。毎度のことながら、いつもこのブログを見ていただいている皆様と窪田くんのおかげです。本当にありがとうございます。2012年の8月から窪田くんにハマって、ブログを再開して、もうすぐ2年。あっと言う間だったような気もしますし、ハマった頃に見ていた重盛さんやらガチワスの頃が何か懐かしく思えるような遠さもあって、窪田くんがどんどん歩みを伸ばしていている中、本当に楽しい時間を過ごさせていただいております。皆様には本当に感謝、感謝、また感謝です。

まぁ10万ヒットといいましても、他のブロガーさんと比べればまだまだちっちゃい所帯ですし、検索ソフトの自動閲覧も多いので、まあ目安に過ぎないのですが、色んな方に見ていただけているかも・・と思えるのはやっぱり嬉しいものなのですな。中身は相変わらずマイペースで申し訳ない限りなのですが・・・

数字と言えば、現在、窪田くんが出演中の「花子とアン」の視聴率が好調で嬉しい限りです。朝市が一旦退場となった第11週「グッバイ、はな先生」も週間視聴率が23.3%と11週連続で21%を超えているとのこと。内容的には色んな意見もあるとは思いますが、窪田くんの演じる朝市の、抑えながらも緻密な、そして本当に優しく力強い演技が、たくさんの視聴者の方々に見ていただけて本当に嬉しいなぁと思っております。いいドラマにはたくさん出演してきた窪田くんですが、やっぱりもっともっと多くの人に見てもらいたかったから!

これから朝市がどんな風にこの物語と関わっていくのか、朝市ファンとしてはずいぶんとヤキモキ(ある意味、下流の宴の翔ちゃんが珠緒に告げた別れの言葉の中の「向こう側」の世界にはなは「花子」になるべく行ってしまったんだよねぇ。:涙)させられそうですが、きっとまた真骨頂の演技を見せてくださることでしょう!

H7月号の窪田くん:「人生山あり谷あり」編

さて、インタビュー。窪田くんが大好きなマンガ、ドラゴンボール、大好きなヒーロー、悟空(おっと!)のことをすごーーく熱心に語っておりますよ。なんか熱いというか、自分の言葉で、自分の感性を語ってて、とても素敵な内容ですよ。

題のお言葉は「ヒーローがあなたに与えた影響とは?」でのご回答。



「客観的に見ている言葉だし、すごく広く見ている言葉じゃないですか。引いてい見ているとわからないけれど、そこに近づいてみれば、山だったら本当に色んな山があるし、岩があったり、砂利があったり、その形と言うのはそこを歩いた人しかわからないと思うので、深い意味なのに、それをあっさり大きくとらえている感じがすごく好きなんですけど」

いやー、窪田くんも色んな山を歩いてきて、その足で、その足の裏で、岩や、砂利や、その形を感じとってきたからこそのお言葉なんだなぁと思うと、なんだかおばちゃんは涙でちゃうのですね。思いを、気持ちを、窪田くんらしいかたちのある表現で語ってくれているなぁと思うのでした。

H7月号の窪田くん:シワ編

テーマのヒーローらしい動きのあるお写真。動きのポイントは色々とあると思いますが、サテンっぽい生地のお洋服だからこそのシワの入り方。

蹴り上がり、飛び上がり。腹の底、腰のジョイントに溜まる力が生み出すシワ。



捻る腰・踏み込む太腿。力を溜めて抜く膝。力の流れと開放点。

kubo0617_2.jpg

一枚まとうことで見えてくるエネルギーの動きでございました。

H7月号の窪田くん

大評判のH7月号、本日発売、即買いいたしました~。

いやー、アクションな窪田くん満載のお写真集。カッコイイ~。やっぱり動いた窪田くんは最強ですね!1ページめから飛んでますよ!そして、影も動きます!(窪田くんの破裏拳ポリーマーとかウラシマンとか見たい・・)



テーマは僕のヒーロー「孫悟空」って、ドラゴンボールのですよ・・

kubo0616_3.jpg

お写真もインタビューもすっごくいいので、何回かに分けて書いちゃいますよ!

ガッキーくんと黒崎さん

さて、噂では朝市の出番も一段落と聞いたりもして、例のあの噂のアレとか7月16日からのSTの動向が気になる今日この頃です~。

STは公式ツイッターで絶賛撮影中の様子をこまめに伝えてくれていますね!

嬉しいことにこのところ窪田くん演じる黒崎さんの話題が多いこと!

@ST_NTV·6月11日:黒崎さんの二の腕には惚れるガッキ〜っ

@ST_NTV·6月11日:黒崎さんのアクション満載でカッコイイのだガッキ〜っ♪

@ST_NTV ·6月12日:誰が負けたかというと、連ドラからの新キャスト、柴本幸さんでした!彼女は男前な人で、ジャンケンに加わってなかった窪田さんにも奢ってあげたガッキ~っ♪

@ST_NTV·6月12日:黒崎さんの男の友情のお話、口数少ないけど表情でい~っぱい喋る窪田さんの演技は見応えありガッキ~っ♪

@ST_NTV·6月12日:バスの中で一眠りしてる間に、ここはどこっ!?ってなとこに着きました!見上げたら一面の青!今日は黒崎こと窪田さんの大アクションシーンだガッキ~っ♪

@ST_NTV·6月12日:怪しい廃墟!ここで窪田さんが大暴れするガッキ~っ♪

@ST_NTV·6月13日:台詞は噛んでないけど窪田正孝さんからレッドブルの差し入れ、略して正ブル!そして和菓子ガッキ~っ♪

@ST_NTV· 6月13日:美術・Sくらちゃんの本日の落書きという名の芸術!上の3人は3話のゲストで、あと腕組み黒崎さんと萌え萌え百合根ちゃんガッキ~っ♪



@ST_NTV · 6月13日:黒崎こと窪田正孝さんがやっつけた輩たちのシャツ!

kubo0615_2.jpg

うわーっつ、黒崎くんの話題で溢れていますよ!読んでいると、なんだか黒崎さんフィーチャー回のような感じですね。男の友情の話か~。噂ではあの方、釣り好き俳優としても地位を固めつつあるあの方もゲスト出演されるなんても聞きましたので、その方との友情話だったりしたら・・・みんな泣いちゃいますね。

でも、そうでなくっても、黒崎さんが立ちまわる輩の数だけでもう興奮していますよ!なかなかねー、複数立ち回り、最近見てないですしね!で、黒崎さんのイラスト、目が大きくって可愛い~じゃないですか~。こんな表情もぜひ見たいですね!

メンズノンノの窪田くん再び

メンズノンノ7月号、買いました~。今回も窪田くんのグラビアは1ページだったんですけれど、お兄やんの賀来くんとのツーショットだったので、思わずお持ち帰りしてしまいました。

トロピカルな花柄のお洋服で、にこやかに並んでいるお二人です。花アンのオフショットな雰囲気も。



時代が違えば、朝市と吉太郎もこんな軽やかな雰囲気で写真なんか撮ってたりするんでしょうかね?

kubo0614_2.jpg

二人ともいい表情でしょーー。兄やん、丸刈りなのはまだまだ登場場面が続くといことでいいですか?w

朝市メモ 第45話

朝市は自分の恋心以外はちゃんとコミュニケーションできる人なんですw。ただのヘタレじゃないの・・という第45話。

はなの浮ついた行動に「田舎に帰ってきたことを後悔しているからじゃないか?」とグサリと、でも憂いを湛えて、一言。



でも、はなの帰し越し方を、その時のはなの気持ちを、おやぶん・・・ではなく校長先生に語る、語る。

kubo0613_2.jpg

さて、恋心を告白しなかった朝市に「ヘタレ」の大合唱も降りかかっている訳ですが、朝市の一番大切に守りたいものは、いつも未来に羽ばたいていこうとするはなの本質で、その姿に刺激され未来を目指す自分の姿なんだろなと、今日の放送で、潤んだ目で、でも笑顔で思いきる表情を見たら、そう思ったんですな。

古い漫画で申し訳ないのですけど、摩利と新吾の摩利のようだなと感じましたよ。恋よりも永遠の切磋琢磨する友を選んだ摩利。それは、自分を抑えているだけは決してない。ただ、永遠に貫いて、本当のものとして輝く嘘があるだけだと。さて、はなが東京に旅立った後の朝市はどうなるんでしょうね。

ST予告編の黒崎さん

STの予告編が出ましたね!

クールな表情でのデコ出しですよ!



kubo0612_2.jpg

髪をファサーッツですよ!固めてないですよーー

そして、逆しちさん・・・。頭皮のことを考えてですねw

kubo0612_3.jpg

7月からは二種類の髪形が楽しめる訳ですね!

朝市メモ 第44話

まだ教師生活2日目(?)朝市メモですww。しかしながら、もしかすると、この日が朝市がはなに最も接近した日かもしれませぬ。

kubo0611_2.jpg

ちゃんとはなをその腕で抱え込んで守る朝市。愛のことばは言えずとも、はなとその家族を守る行動力(今日はおにぎり握ってたじゃん)は石炭王にも負けてないとw。石炭王の言葉も自転車火野さんの口説きの文句もどこか同じように聞こえてしまのは自分の耳が朝市押し過ぎるからでしょうか。



何気に、朝市アクション回でございました。

BARFOUT6月号の窪田くんと雑誌情報

今回もようやく6月号をゲット。窪田正孝の「はぴねす」の1周年記念です。

下北沢でのお写真ですが、なんとなく夜っぽい、歌舞伎町っぽい、街の光線の加減と黒のブルゾン姿、そして茶色の透ける髪がホストの麗ちゃんを思い出させました。



インタビューはこのところの普段の、何気ない「はぴねす」について。ポケットから出てきた500円玉、上手くできた仕事、そして、今ハマっている水泳。「ひたすら平泳ぎしているんです」って・・・・このところの肩と背中の素晴らしさってのはこのあたりに秘密があるのかな・・・

そして、スタダの窪田くんページに新しい雑誌情報が!

'14.06/24 :月刊TVnavi8月号
'14.06/19 :バァフアウト 7月号
'14.06/16 :H 117号
'14.06/10 :メンズノンノ7月号

あら、メンズノンノは今日発売だったんですね。チェック忘れましたな・・

カーネーション@東京キネマ倶楽部

矢部さんのドラム、矢部さんのいるカーネーションを聞きたさに、出張先帰りに直接東京キネマ倶楽部に飛んでいってしまいました。

矢部さんは中ほどのコーナー(?)で登場。懐かしの3人スーツ男姿(直枝さんのは当時だとわかったのですが、他のお二人はどうだったか?)。で、どどーんと懐かしのナンバーで行くのかなぁ(個人的にはハイウエイ・バスが聞きたくてしょうがなかったんですけど)と思ったんですが、これがなかなかに裏切るラインナップ&音楽で。

曲目的には、矢部さん在籍時から珍しかった曲が多かった(「恋するために僕は生れてきたんだ」とか「Low pressure」とか「魚藍坂横断」とかまだまだ何かあったはず)し、一方で「レモンクリーム」とか「なにか君の大事なものくれるかい」とかの3人時代にもかなりやっていた曲が張替さんとのツインドラムだったり、「愚か者、走る」のように張替さん、直枝さん、太田さんの今のトリオだったり、そして、「OHH BABY」の最新直枝ソロバージョン(ねじりまくりでしたね)だったり。思い出と、大好きな大好きな矢部さんのグルーヴに浸るというのではない構成だったと思いますです。

個人的に一番びっくりして、感動したのが、矢部曲の「魚藍坂横断」を、張替さんのドラムで、矢部さんスチールギターでやったこと。張替さんのひたひたと安定したリズム、佐藤さんのキーボードによる空間の広がり、そして、矢部さんのスチールのオーロラのように光りきらめく浮遊感。個人的にはこれまでの「魚藍坂横断」ライブの演奏のベストじゃないか、いや本当にこれまで聞いたことのない世界、これが矢部さんの頭の中の世界なのかな?というものを見せてくれるなぁと思った訳で。あと、「レモンクリーム」と「なにか君の」のツインドラムだからこそのパワフルなドシャメシャな崩壊感とかも気持ち良かったなぁ。

その一方で「愚か者、走るの」今のカーネーションのはまりっぷり(というか改めて名曲だなと)とか、佐藤くんのキーボードがひっぱる「ラッキー アンラッキー」や「恋するために」とかのどことない5人カーネーション感とか、結局、カーネーションの曲はいつの曲でも素晴らしくて、誰がやってもそれぞれの新しい今の曲になるんだなと思った訳で。

直枝さんは「そろそろ前を向いて」と言ってたけれど、カーネーションの過去も現在も未来も、いつの時代でも同時に同じ空間に、様々なかたちで存在して欲しい、存在できるよね、と思って、久々に踊りまくったキネマ倶楽部を後にしたのでした。

週末の窪田くんと朝市

返ってきました~。まずはあさイチのウインクショットw



そして、エア告白朝市・・・

kubo0608_2.jpg

ちょっと微妙な気もしますけど、表情豊かだなーーと思いますですよ。

出演ないのに朝市デー?!

今日の59話の花子とアンには朝市が登場しなくってちょっと寂しかったのですけど、それを補うかのように、8時15分からの「あさイチ!」のプレミアムトーク室井滋さん編で、朝市が、窪田くんが登場とのことですよ。時間もかなりあって、白シャツ姿らしい・・・というのもまだ見ていないのですが・・いやいや、ツイッターな皆様の盛り上がりがかなり凄い!今週も今日から週末出張なので映像が見られるのは週明けになりそうなので、いやジリジリとした週末になりそうですw

そして、今週の花子とアンはももちゃんウイークなのですが、そのももを演じる土屋太鳳ちゃんがブログでで、今週のももちゃんの名場面シーンの撮影について、詳しく報告してくれています!嬉しいことに、窪田くんとの撮影シーンのお話、俳優窪田くんをどう見ていてくれているかもたっくさん書いてくださっていて、ありがたい限りです。

いや~、今週の太鳳ちゃんよかったですね。私も小川と神谷くらいでしか彼女のことを知らず申し訳ないのですが、同じ年ごろの女子3人なのに本当に役柄によって雰囲気の変わる女優さんですね。特に、鈴木先生の小川さんとももなんて「スーパーいい子」の同カテゴリだし、当たり役の小川さんにもっとひっぱられるキャラクターにもなりそうなのに、全然そんなことないのが凄いです。

それにしても・・今日の花アンはこれぞ花アンという感じでしたね。ももの嫁入りの前の最後の家族の団欒。そして、ももがいなくなった後の3人になってしまった安東家のがらんとした雰囲気。4人も子どもがいたのにね。そんなどこにでもある日本の風景をきっちり追っていこうとすることろが好きなんですよねぇ。花子や蓮子の、その後ろにあった、見えなくなっていた風景と人。どこまでそれをやってくれるのか楽しみなのですよ・・・

朝市メモ 第43話

いよいよ甲府編がはじまりです~。甲府パート、好きなんですよね。甲府のシーンを見るとまずはホッといたします。中でも、安東家が大好き。やっぱりDNAが刺激されるんでしょうね。だんだんと片付いて、朝夕のご飯がちょっとずつよくなっていく安東のお家がどうなっていくのか。そこも楽しみなところです。

朝市第4型も安東家の土間から~。いやいや、スタイルがいいんだからw。

kubo0605_1.jpg

でも、「はなが危ない!」アンテナが反応しまくりの学校生活初日なのでした。

kubo0605_2.jpg

となりの教室からだって、感知OKですよw



ひさびさに教師1年目の初々しい朝市&はなを見ていると、告白できないまま4年がたった今週の朝市の表情には何か意味があるのだろうと思う次第です。落ち着いているのか、どこか倦んでいるのか、何か心を凍らせているのか・・さて、どうなりますことやら・・

ガチバンクロニクル メイキングその3

今回のメイキングでは紋児の佐野くん、勇人の窪田くん、レオの荒井くんの単独インタビューがあります。何しろそろい踏みなので、当然、3大ヤンキーが揃った、その感想を

窪田くん、しみじみと勇人の内面を語る。

「拳を交えることによって、ガチバンと言うか、ヤンキーにしかわからないつながりがわかるというか、あるのかなと。みんな、3人とも不器用だし。そういうわだかまりもあるんですけれど、その3人の気持ちをつなげてくれるのがこの20作目のダンスだなと。」

荒井くん、きゃぴきゃぴとカッコよさを語る。

「3人がばっと集まって同じずっと空間にいることが初めてだったので、お客さん見てみても「揃ったか!」と。外から見てみても、カッコいいと思います。夜の校庭のあれは絶対カッコいいとおもいます。「始まるの?始まるの?」とそんな風になっていると思います。」

佐野くん、血だらけでファイトとデレを語る。

「もちろん3人そろうのは初めてだったので、実際会ってみたら、迫力が違うくて、レオにも勇人にも負けたくないなと思って一心に立ち向かっていきました。僕の中で一番印象に残っているのは、リンゴ潰しのシーンで、帰りの車の中でマサに『リンゴ潰したシーンカッコよかったよ』と言われて凄く照れました。」

3人3様の視点で面白かったですね~。登場人物の内面やダンスの意味付けも掘り下げていく窪田くん、ガチクロの醍醐味をチャーミングに語る荒井くん。そして、一人の役者としてガチクロにどう立ち向かったかを語る佐野くん。こういうのも3人が揃ってこその楽しみでございました。

kubo0604_1.jpg

バイクが好きだリフレクション篇

うわ~い!HONDAの「バイクが好きだ」ページででリフレクション篇が公開されましたよ!



窪田くんの一人芝居が光る逸品ですよ~。スムーズな発進も何気に好きです。

朝市メモ 第42話

さて、第7週「さらば修和女学院」の最終日。ブラックバーン先生の祝辞、素晴らしかったですね。人生を振り返った時、学校時代が一番幸せだったと思うようだったら、その教育は失敗だったというくだりももちろんですが、「我と共に老いよ」という冒頭の言葉がめちゃくちゃ素晴らしい。老いて、人生を歩んでいってこそ、人生の真価というものが生まれてくるのですね。いよいよ大台に突入した自分ですが、これからどういうことを成していけるのか、少しばかりは考えていこうと思いましたです・・はい。

さて、朝市・・。はなに就職まで世話してあげるなんて・・・いや、これが、苦難wの道のはじまりだとは知ってか知らずか、く希望いっぱいの学ラン朝市なのでした(下の画像と比較されたしw)、



ポイントは上履き履かず、足袋姿というところでしょうか。ちょっと調べてみたら、戦前の学校での上履き事情を調べた調査で、戦前に埼玉の学校に通っていた方、12名ではまだ上履きを履かず、裸足、足袋、草履だったとのことです。戦前といっても昭和期の調査なので、この大正2年では朝市のこの姿も不思議でなさそうですね~。当時ネタはまだまだ順調ですね!

ガチバンクロニクル メイキングその2(ダンス編)

今回、キャスト全員がびっくりした「ダンス」シーンのメイキング。松岡くんや窪田くんの舞台挨拶の時のお話やインタビューからは、振付をそれぞれ練習し(窪田くんの言ってた「バラバラに合わせて」というのはこれ?)、松岡・佐野・窪田のお三方は、3人で一緒に事前練習もしており・・・、そして当日に全員で合わせるに至ったようでございます。

まずは、振付の花雅里先生のお手本を見ながら、振付の確認。女先生の身のこなしがキレッキレですっごくカッコイイよかったですし、それにすーっとついていく窪田くんの動きも美しい~。



そして、本番。そして、本番前。「だんさー」、「だんさー」とお互いに声を掛け合って、気分を高めますよ。「だんさーっ、発進!」と窪田くんの気合のデス声がw。緊張が緩んで笑顔も出ますな。

kubo0601_3.jpg

「だんさーだと声、出ちゃうよ」と窪田くん。最初の頭を上げる動きで「はーっ!」と荒井くんも一緒に。窪田くんが率先して冗談言ったり、場を和ませるのって珍しいのではないかとww

kubo0601_2.jpg

ダンスが終わってモニターを確認の時には、「はえーっ」「かっけー」と踊り手のひとりひとりが感嘆の声。満足そうでよかったです~。

そして、窪田くんの憂いに沈んだ顔?いえいえ、単に眠いだけのようでしたよww

kubo0601_4.jpg
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。