スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルジャーノンに花束を アルジャーノンかわいいよアルジャーノンww

さて、今回の連ドラ「アルジャーノンに花束を」も全10話、最終回が6月12日とわかりまして、「なんてあっという間に終わってしまうのだろう」とちょっとだけ物悲しくなったりもしております。でも、人の一生だって振り返ってみればそんなものかもしれません。一瞬一瞬があっとう間に過ぎて、知らないうちに年をまた半年取っているww。

そんな訳で今日はちょっとこれまでを振り返って言いたかったことを少しw。自分がこのドラマに惹かれる一番大きな理由は、人の成長と幸せというものの見取り図をちょっと引いたと言うか、色んな経験を積んできたベテランならではの大きな視点で描いているところでございます。ある人がある運命に見舞われる。それには様々な要因が、その中には、生き物としての人間のあり様とか、親と子の関係性とか、生育環境とか、自分を超えた世の中とか、そんなものが幾重にも重なって、ある時にまるで奇跡のように「運命」が生じる。

そういう「人間とは」ということを正面から描いてくれている、そこが惹かれるところなんでしょう。主人公と同じ視点で、その運命に翻弄されることを楽しむというよりも、見ている人それぞれの視点で何かを振り返らせてくれるようなそんなドラマかなと思います。特に年寄りの入り口にいるものにとっては、このドラマの「見取り図的」な感じが、「あぁ、この年齢ではこうだよなぁ」とか「こういう立場にいたらこうだよなぁ」とか「静かな共感」がたくさんあって、よいドラマだなぁと思っている次第です。

あと何より、アルジャーノンがカワイイ!。学生の頃、ちょっとだけラットの飼育当番もやったことがあるので、このドラマの白ネズミ(たぶんラットたち)の可愛さを痛感します・・・。公式HPにもあったと思うのですが若いうちがやっぱり白くてきれいなので順に交代させているそうですが、それにしてもカメラをじっと見つめたり、餌を手から食べたり、本当にカワイイですよ~。元気なさそうにじっとしていたり、タイミング良くよってきたり、なんてのはネズミのタイミング次第なんでしょうから、そこのところの撮影も頑張っておられるなぁと思いますです。

kubo20150520_1.jpg

そして、やっぱり柳川くんを始めとしたDFSのみなさんが素晴らしい。個人的に今までの中では第4話がやっぱりトータルで好きですしねぇ(柳川くん的には2話と6話ですが)。で、そのDFSをひっぱる窪田くんの柳川くんについては、本日のTVステーションのインタビューで韓Pが「特に窪田くんは、柳川というキャラを徹底的に自由に演じて、新しい魅力を見せてくれた」と言ってましたねえ。毎回書いてますが、このところの柳川くんは初回からのキレた感じに、その裏にある柔らかくすーっと人の懐に入り込む感じが絶妙にミックスされてきていてほんとよいなぁと思うのですよね。

TVステには、他にも森の中の3人組のシーンもあって、最終回に向かっての柳川くん&檜山くんの役割が本当に楽しみです~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。