スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノート 第2話その1 嘘の表情、嘘をつく表情、嘘をついた感情

ようやく録画を見返し始めましたが、2話、面白かったですねぇ。なんといいますか、窪田くんファン的に、自分の身を守るために加えて、ミサミサの寿命を守るため、もう色んな人を殺しまくり、嘘をつきまくり、追い詰められて感情が揺れまくりで、様々な顔や声(そう、この声の表情が多彩でウキウキしますね)が溢れていて、リピートが止まらない感じですねぇ。

何度も書いてますが、原作&映画版を見ていないのでドラマ版との違いがわからないですが、自分の身を守る算段としてあまりに容赦なく簡単に人を殺しまくる月さんにちょっとびっくりでございました。というか殺れば殺るほど証拠の数が増え、殺し方を工夫する程、キラの手口がバレていく訳ですが、もう逆に「張りきっちゃう」といいますか自分の能力(もちろんデスノート込みですがw)を試す機会に立ち会えている興奮に飲み込まれている感じがヤバいなぁと思いましたよ。

月さん殺りまくりの件ですが、最初はデスノートで遠隔操作で、殺しの感覚がないことが大きな要因なのかなと思っていたのですが、バスジャック事件で男が書いたとおりに目の前で死ぬところを、苦痛の混じったような必死さと思い通りになったという邪悪さを交えた表情で見つめいましたねぇ。もう死ぬところを見ても平気そうな月さん。どこまで行ってしまうのか、辛いようなワクワクするような不思議な感じでした。

kubo201507015_4 1

自身の父が自分を追う最前線の警察官というあり得ないシチュエーションに置かれている月さんなので、もう日々、ごまかし、カマをかけ、取り繕う・・・そして、その後に溢れる心の動き、その表情の変化が存分に味わえました。家に帰ってきた父に捜査情報を聞き出そうとするシーンは本当によかったです。

バイトから抜け出したことを父が知っていることに気づいて、取り繕うこの表情。自然を装うのではなく強く微笑むというか、おどけたような表情をすることで、嘘をついているのかいないのか、奥の感情を読まれないようにしている・・・この表情はかなり使えるなと正直思いましたよ。

kubo201507015_1 1

おだやかな作った表情で父に嘘の理由を話す。そして、それをどう受け取ったか、父の表情を伺うこの表情。

kubo201507015_2 1

そして、父に「何をやりたいんだ」と聞かれ、虚をつかれたように表情がマジになる月さん。その胸に去来していたのは、更なる殺戮のことなのか、キラの作るであろう未来の景色なのか・・・でも、その空虚さが心に残るのでした・・・

kubo201507015_31 1

月さんの嘘をつく時のその周辺の表情を見ていると、STの赤城さんの長台詞が空耳で聞こえてくるのは仕様じゃないかと思う今日この頃です~。私の頭の中では、今は赤城さんの、オリジナル天才の把握下にある訳ですが、この今はちっちゃな月さんがどのように変貌していくのか、果たして追い詰められていくのか、やっぱり楽しみですねぇ。

そして、やっぱりガチバンの風を感じた2回目でしたが、もうあと1回そんなことが起こるまでもう少し様子見しようと思います~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
2話,面白かったですよね~。
月は,1話でテイラーを殺したときが,自分の手により相手が死にゆく様を目の当たりにした初めての経験だったんですよね。
だから,その重大さに思わず「お前が邪魔をするからだ」と必死に
弁明し,画面から目をそむけ,さらにLの「必ず捕まえる」との宣言に恐れおののいてました。
ところが。今回のバスジャックでは,目の前で死んでしまったにもかかわらず,書いた通りにことが進んで少し満足げな顔になってるんですよね~。もうここの微妙な悪魔的な表情が最高に良かったです!
そして,ましゅましゅさんが上げてらっしゃるように,松重パパとのやり取りも最高!この親子のシーンが実は一番好きだったりして。
また3話感想待ってます!

No title

もんちっちさん、こんばんわ。

先の展開が全然わからないのでなんとも言えないのですが、捕まらないために躊躇なくどんどん殺しまくるまでの変容にもう1話くらいあってもよかったかもはしれませんね~。

あとね、個人的にはそういう殺人鬼なキラの面が結構カッコよくないといか、情けなさとか、めちゃくちゃな感じが、決してカッコいいとはならない演出というか物語の方向性はとてもいいなと思いますねぇ。月さん、なさけねーっというみんなの声は大成功なんだと思いますね~。

今回の松重さんは八重の桜の八重父を思いださせてくれてすごく好きだったりします。物語の良心ですよね。彼がもっと活躍できる展開だといいんですけどねぇ。。。

No title

そうそう,かっこよくないんですよ。
平和な世界を作るために,なんて言ってるくせに,かなりびびってたり,焦ったり。アイドルちゃんのほうなんて,まんまとリュークに載せられちゃってるし,キラの力ではなく,自分でなんとかしようとしてドツボにはまるとか,確かに頭脳明晰ではない。
でもそこが,「普通の子がこういう凶器を手にしたらどうなるか」なんでしょうね。
私も,50人殺害してしまう前の葛藤をもう少し描いてほしかったな,とは思いますが,なんでも,ニアとかがでてくるのは原作ではもっと後らしいので,その話も入れるとなると,こういう展開になるんでしょうか?「ワカンナイですけど」by亮太

2話で言うと,新聞を読みながら「いける」なんて少し笑みを湛えながら言っちゃって,だんだんそういう表情が多くなってきそうでわくわくすると同時に,あんなにやさしい子だったのに~とハラハラしたり。
私も原作知らないし,これからどれだけ本当の殺人鬼となってしまうのか,楽しみで仕方がないです。

No title

もんちっちさん、こんにちは!

今回のミサミサのエピソードはよかったですよね。凶悪になっていく自分を守りたいのか、そんなことしてる暇ないだろうに、彼女のことで右往左往して、まんまと騙されちゃう、情けなさ。情けないのに、いいと思える窪田くんのお芝居が生きてますよねぇ。

最初の50人殺しまでがあっさりとなのは個人的にはOKなんです。彼が深い考えなくデスノートを使い始めてしまった。平凡な、そして私たちと同じ月さんの根っこがよく出ているエピソードかなと思いますので

時間をもうちょっとと思ったのは、そういう薄っぺらい正義感からの殺人から、自分を守るためには何でもやる悪への変容のところですかね。とはいえ、あの唐突ぶりが彼自身が翻弄されているところを示してくれいるような気もするので、よし悪しかもですね~。

どんどんゲスなところも出てこられるんでしょうね~。それもまた楽しみですーー。

No title

ああ,なるほど。
そこを時間かけて強調されると,より月の邪悪さ,即ち普通の人間として生きている私たちにもこういう落とし穴があるのかも,と余計に怖くなるかもしれませんね。
我が家では子供たちまで大人気で,さすがにお子様はオンエアでは見られませんが,録画で見まくってます。
続きが楽しみですね!

No title

もんちっちさん、こんばんわ!

そうそう、私たちの心の中にある凶暴性とか身勝手さみたいなのを描こうとしてる様にも思えますねぇ・・さて、これからどうなりますか?

でも、子どもさんと一緒に見ていらっしゃると、それこそ生の感想を聞かせてもらえていいですね~。なかなかダークですが、若い人も楽しんでもらえるといいですねぇ。
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。