スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストコップ エピソード5前編 その2なんだか馴染むなぁ

エピソード5前編は冬彦さんの佐野さんと宮川さんのお二人の回といってもいいくらいの回でしたね。やっぱり事件の首謀者各だった佐野さんのお得意の狂気と恐さを含みながらも飄々としていてやっぱり何か憎み切れないノリを醸し出しているお芝居。そして、自分の家族を守るためまっすぐに佐野さんや京極さんに詰め寄る宮川さんの鈴木さん。

これらのシーン、どちらもベタな展開なのですが、あんまりひねらず、まっすぐに優れた俳優さん達のお芝居をじっくりと見せてもらえると、その「ベタさ」が心地よさというか、大変自分の身に馴染むものとして、「やっぱりいいわ、こういうの~」と思うのでした。また、お二人ともキャリアを積んできた人間の懐の深さみたいなのを表現されていたなぁと思いますしね。で、唐沢さんの京極さんも、22歳から30年間眠っていた割には、本当に成熟した人間像で、ちょっとヘン?と思いながらも、その魅力でやられちゃいますね。

新しい俳優さんも新しい作りのドラマもいいんだけれど、ぐっとお芝居の熟成度を高めた俳優さん達による、構成とかテンポとかがちょっと昔風のドラマも見てみたいな~って思いましたね。アルジャーノンの萩原さんや我門さんもよかったしねぇ。huluのような有料放送だからできる方向性のドラマをもっと製作してほしいですねぇ。

さてさて、力を入れててもヌンチャクの棒が曲がらない非力な亮太くんの活躍はまた明日書きます~。

kubo201507018_1 1
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。