スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストコップ エピソード5後編その1 この信頼感

「ま・た・れい~」、すっかり清美さんのキメ台詞が口癖になってしまった今日この頃ですww

最終回、亮太も頑張って敵のハッキングを攻略したりスーツでタイマンも頑張っていたんですけれど、やっぱり京極さんの魅力満載でしたねぇ。もうめっちゃいい加減で、ともかく無敵でなんでもできちゃって、とにかくチートな人物造形。でもって、ストーリーの方も、エピソード5になって、やっぱり地上波版と同じよーなゆる~いと感じになりまして、もうちょっと鈴木家とのビターな感じも欲しかったなとか、今回の犯人はいったい何者だったんだろう?とかあれこれ言いたくもなったりしたんですが・・・

でも、やっぱりなんか京極さんなら許せてまうんですよねぇ。おちゃらけいるけれど、逞しくって行動力もあって、まっすぐで、どっか哀愁もあって。ともかく人間としての安定感が素晴らしいと。おそらくこの逞しさ、安定感の底にあるのは、人というか命そのものに対する信頼感というか当たり前感が伝わってきていいなぁと思うのでした。この命への信頼感こそが80年台っぽいのかもしれないですね。そう思うとやっぱり地上波で、日9で見たかったネタだったかも・・と思うのでhした。

あと最終回はアクションシーンもなかなかに豪華&ボリュームたっぷりだったのですが、惜しむらくは暗い画面でのアクションシーンがほとんどで詳しいところがあんまり見えなかったのは残念でしたねぇ。もうスーツでタイマン、大人数に囲まれての立ち回り、自動車衝突アクション(あれは窪田くん自身のアクションだったのかなぁ)、そして京極さん&亮太の組体操アクションまで~すっごく盛りだくさんだったですよ。

でもって、京極さんの中国拳法風(ジークンドー風?)のアクションのかたちの決まりっぷり、無駄のないというか合理的な動きの繋がりのなめらかさというのは、ブルースリーを深くリスペクトされている唐沢さんの修練の賜の素晴らしさで、ホント唸りましたよ~。窪田くんもいつかはこういう「修錬」を表現できるアクションも見てみたいなーと思いましたよっ!

で、今回の亮太くんのアクション、あー、スーツタイマンで、なおかつちょっとボクシング風なのが亮太っぽかったですねぇ。拳がぶつかってしまう不器用さと、そこでの力比べに負けなかったのもらしくてよかったです。とはいえ、時折みせてくれる、素早い身のこなし、パンチの速さとキレにも嬉しくなりました。

すっと相手の後ろを取って、ヘッドロック。あんまりに凄みがあり過ぎてカッコよかったですねーー。

kubo201507024_1 1

で、振り返っての裏拳の軌道もすばらしかったですーー。

kubo201507024_2 2

とりあえず、ひとまず、この辺で!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。