スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全開の唄 舞台挨拶&鑑賞行ってきました!

昨晩、佐野和真くん主演の映画「全力の唄」の舞台挨拶、行ってきました~。

久々の佐野くん。そんなに変わっていないようで、でも、シュッとしたというか、精悍な感じが強くなられましたね~。マイクを持って客席に向かうまっすぐな瞳の輝きがとても頼もしく感じました。また、遠藤雄弥さんがね、側頭部刈り上げ的でトップ強調の髪形と丈の短いジャケットのお姿が大人っぽくってね、二人の落ち着いた、でも笑わすととこはちゃんを笑わせる、そんな挨拶ぶりがとても頼もしく、窪田くんもそうだけれど、みんな大人になっていくんだな~って感じ入りましたねぇ。

舞台挨拶のあとには、お客さん向けの撮影タイムもあったですが、あんまり上手く撮れなくってすみません・・・



ま、もう、ネットニュースも出ていますので、お二人の精悍(という言葉がぴったりですよねぇ)なお姿はそちらをどうぞ!

そして、本編上映。もう3年ほど前に撮った映画だそうで、満を持しての公開に舞台挨拶のみなさんと監督さん、本当に嬉しそうでした。2012年の春さくらの頃の撮影なんでしょうかね?雄弥さんの髪形がガチウルの京平さんっぽいボブ、真ん中分けでしたね~。

自転車競技に全開を尽くそうとする佐野くん演じる健一の青春記。本当に、まさに男子の青春モノ。ライバルとの戦い、全開に動く筋肉と満身創痍に滲む血。男友達とのバカ友情と溢れる性欲、女子への偏見と妄想に満ちた恋模様とほんのりした触れあい。そして、男くさいかりゆし58の主題歌。

男子の好きなモノをマンタンに詰め込んだ、すっごく楽しい映画でした。なにしろ、佐野くんとか雄弥さんとかの入浴シーンとかあるんですが、なんか男子テイスト満載で、女子がよろめく感じじゃないのが面白くって、視線の違いって大きいんだな~って思いました(でも、雄弥さんのキスシーンはちょっとドキっとしましたがw)

最近よくスイーツ映画なんて言葉を聞きますが、それらが女子の好きなものを女子の好きなテイストでまとめた映画を言うのなら、この映画は男子へのそんな映画になっていると思いました。この男子に偏った志向性というのはテレビドラマでは見られないものですよね。テレビだとどうしても女子向け6の男子向け4くらいのバランスになっちゃう・・。何か、キャッチフレーズを付けたくなるような、スイーツ映画ならぬアイス(ガリガリくん)映画というか、そんな典型な感じのする映画でした。

そんな男子よりながらも、男も女も関係なく「一番辛い時にこそ前へペダルを踏む」、「全開で生きているか!?」というメッセージはアラフィフおばちゃんにもしっかり届きましたよ。最近、気持ちと健康がへこんじゃってましたが、終わったらスッキリ、元気になりましたもん。色々と迷っていましたが、ぐっと前に進んでいこうと、そんな気持ちになりましたねぇ・・・よかったです。

(追記)その後もネットニュースたくさんでてますね。映画comさんの写真が素敵だったので、ちょっとお借りしました。

kubo20151001_2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。