スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HiGH&LOW 第1話 その2とりあえずメモしておこう

チーム別抗争と言うヤンキーもの(不良モノ?)の様々な定番を詰め込んだ第1話でしたねぇ。街がいくつかの地区に分かれていてその地図が出てたり、それぞれにリーダーが居てひとまずは均衡を保ってたりするとか聞くと、クローズとかより花のあすか組の戦23編とかロンタイBABYの裏門破り編を思いだしてしまう50代ババアだったりします。

個人的にお気に入りなのは、風呂屋とかエセコンビニとか自営業んちの子がヤンチャ組織のメンバーだったりするところだったり、ケンカが終わって夜明けの街を歩いていくところでそーいう暴力的でもスカッとしたところだったりする訳なので、ネンショー(ムショか?)から出てきた暗い目をした郁哉さんな人がふらふらしてたりとか、主人公たちが伝説の組織が解散する所以となった(おそらく死亡)事件を引きずっていたりとか、しきりと反省の弁みたいなモノローグがあったりとか、ジメッとしたところも基調としてあって、もっとスカッといかんかい!と思ったりもいたしますね。

で、暗いと言えば、街の自警団と自認する山王の人たちがケンカ場面で悪者みたいに三角バンダナで顔を隠してたりとか、主人公のコブラさんが紐かバンドみたいなもので相手の首元(?)をかけて締めるようにして闘っているのが、京本パパみたいな仕置き人みたいで、喧嘩屋というにはちょっとブラックと言うか、とっても危険そうに見えるところに微妙にザワザワきていますねぇ。この危なさが今後の展開を生んでいくのでしょうか。

でも、とにかくケンカシーンが多いのは嬉しいです~。後半の長く、広く展開するシーンは良かったですねぇ。また、エグザイルなみなさんの身のこなしがいいので、見てて気持ちいいです。特に、チハルとテッツのお二人は、しっかり肩から開いてパンチが打てるし、足はしっかり上がるし、かわす身の動きが早くてエッジがはっきりしてて目につく動きになっていて、いいなぁと思いました。

それにしても、他の4チームのキャラの立ち方、素晴らしかったですねぇ。まんまクローズゼロなおに高に、なぜかLっぽいアイシャドウでキチな感じの満載の番長村山こと山田くん。お笑いっぽい感じ満載なホワイトラスカルズの中でひとり眉間にしわをよせて憂い顔で控えるKOOこと雄弥さんは、悪徳弁護士じゃなくって、難病の妹がいてお金に困っているのかと思いましたよ。そして、予想通り大男を脇に控えさせ小さい体ながら眼光が怪しい日向こと林くん。

そして、スラム街に咲き誇る悪の華のスモーキーさんこと窪田くん。よくもまあこんなフォルムを窪田くんに与えてくださったものだとしみじみしますねぇ。まだその属性ははっきりしませんが、脇のひとりタケシの少年っぽい感じをみていると、いろいろと彼らにも理由がある・・・そんな展開になるのかもと、いや、ずっと無慈悲なままでいいのよ~と妄想がわきますね。

さて、今は均衡を保っている5チームと言うことですから、この5チームがぶつかるための何かが起こるということなんでしょうね。そして、山王が天下を目指すという話ではなく、どこかでこの5チームが共闘することもあるのかなあ、ベタにwなんて思う第1話なのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやー、はっきり言って、あまり期待してなかった(これからも出番的には期待してないけど)けれど、この登場にはあっさりと「スモーキー堕ち」してしまいましたわ。
なんという美しさ。
そして、その瞳が残酷な光をすでに放っているのがたまらない!!
指無し黒手袋で手を合わせる仕草だけで、もう発狂もんでしたわ。
スモーキーの後ろで、まるで湧き出るようにくるくる下りてくる仲間たち、という構造も素晴らしい。
個人的には、林遣都君の組も興味がありますね。おっしゃる通り、林君の怪しい笑みがゾクっと。
太一くん、出てました?まだでしたかね?

しかし、戦闘シーンは早いし多いし、おばちゃんの目はついていけなかった;;
スモーキーさんがうっすら笑いながら、とか無表情で目だけイッテル感じで戦うのかと思うと、もう今からドキドキですね!

No title

あら、もんちっちさん、お久しぶりです!

あはは、あれは落ちますねぇ。ビジュアルだけならもう最高得点ですかね。おっしゃる通り、あの指なし手袋も、そしてそれをはめる仕草も窪田くんの美点を引き出すものでしたねぇ。しかしながら、あのような美しさを纏えるようになった窪田くんに本当に脱帽ですね。

あそこまでキャラ達させた4チームですから、ぜひ活躍させて欲しいですね。今回の町田さんの役割を見ていると、濃い、繊細なお芝居の時には俳優チームにって感じにも見えますし、山田くんブログによれば現場でセリフが増えているそうなので、そのへんは期待ですね!

確かに、場面での人の多さとか、広く展開しているところとか、目を追うのが大変かもしれないですね~。ああいうワイドな展開も面白いですけどね。次回からはタイマン系のアクションも増えてくるでしょうね。

スモーキーさんは意外と手数が少ないアクションかなと、まずはクールに決めてくるんでしょうね。でも、がっつりタイマンも見たいなー。

No title

あ、太一くんは出てませんでしたよ~。

これから順に4つのチームを紹介する回があって、その後、なんでしょうね、きっと。

No title

ましゅましゅさん、えらくご無沙汰しましたー<(_ _)>
花草です。

引っ越し後、なんとなくすべてが「家」に向いて、
心が閉じていろんなことが億劫になってまして、
そこへあのデスノの鬱展開ですもの。
デスノは、くぼたさんの俳優的な意味をすごく広げて持ち上げて
文字通り世界に発信してくれて。でもなんですかねー、
大きな声で言えませんがぶっちゃけ話があまり好きでなくて。
割と静かに「凄いなあ、やっぱり」って見てたのでこちらに
書き込むこともなくて<(_ _)>

で、ちょっと間が空いてのCMやらスモーキーさんやら(^O^)/
CMはもう鉄板の元国営とか優良企業ばっかり
御用達みたいになってますね。
CMのつくりが手堅くて予算が潤沢な感じで好きですけど、
朝市先生イメージなんですかねー

あ、スモーキーさんの話題でした。

リアタイしたんですが、もうくぼたさんが真夜中の日本を震撼させる
レベルで美しく特別感満載だったのと
林けんとさんのあの妖しい微笑とは、番組の保険みたいなもんですね。
少なくともこれは見られるぞ、と。
ガチバンの山田さんも別人かというようなヤバイ顔でしたし、
あの白い遠藤さんもぜひいっぱい見たいですね。
こうしてみると結構考えられたキャスティングなんでしょうか・・・?

ただやっぱりおっしゃるように、ケンカの中身が危うい感じなのと、
守る守るって何を何からそんなんで守ってることになってんの?
みたいな(^^ゞ
それからあの言い訳めいた「・・・とあの頃の俺たちは思っていた」
みたいなモノローグですか。
ケンカばっかしてるにはちょっと歳が行き過ぎてますもんねえ・・
ヤクザじゃない、営利じゃない暴力を描きたいのだろうとは思いますが、
苦しいですね。
映像の美しいキレやさすがの身体能力は見てて目に楽しいので
録画視聴はしっかり続けようと思ってます。
なんつっても、スモーキーさんの存在感とビジュアルったら、
たぶんこれも今限定の美しさだと思いますし。
1話に1回か2回、スモーキーの無慈悲で冷酷で美しい亡霊っぷりを
インサートしてくれたら、それで結構満足かも。
何といっても、天下のエグザイル一族総出の壮大なPVだと
承知してますもんね・・・(*^^)

たまに来て長くてすみません!
お邪魔しました~♪

No title

花草さんもお久しぶりです~。お忙しいんですね。せっかくの窪田くんな楽しみですから、無理せず楽しめるように楽しんでいきましょう~!

って、窪田くんって、守備範囲広いというか、どんどん広げていきたい人だと思うんですよねぇ。それに、今まだどんどん売れっ子になっている最中で(ハイローの人気投票でトップなのにはさすがに驚きましたわ・・)、これからも色んなオファーが来て、まだまだ、ファンがびっくりするような、ドラマにもどんどん出演されるんじゃないかと。

まあ、そのあたり、上川さんと似たところあると思うんですよね。さすがあのドグちゃんで親子を演じただけあるというか。あの大地の子なのに、大河で主演格までやっておられるのに、どんな仕事でも受ける。私はその姿勢が大好きでして、窪田くんもそういう俳優さんになるのかなと思ったりしています・・デスノの後が上川さんのエンジェルハートというのは単なる偶然じゃないと思ったりして・・。

だから、当然のことながら、見る側のドラマの好き嫌いは当然出てくると思うのですよね。私もデスノの原作や映画の持つテーマと言うかスピリットみたいなものはあまり共感できない方ですし(ドラマ版は窪田くんが主演というひいき目がある訳ですが、共感できない層へのフォローが色々とあったように思いました)窪田くんの出演されているドラマでほとんどリピしないのもある訳ですね。

このあたりは個人的にはどーしよーもないので、無理に理解しようとしなくても、いいんじゃないか、ヘンに関わってストレスためるにはいいんじゃないかなと思います。これも窪田くんが売れっ子になってきたおかげで、ファンは各自、自分が好みの作品だけ注目すればいいようになってきたなかぁと思ったりはします。

ま、1年くらいは好みの作品がまったくない~なんていうことが続くかもしれませんがw、そのうち、おそらく、どどんと名作路線なドラマへの出演もきっとあるでしょうし、気長に窪田くんライフを楽しんでいけたらいいのではないでしょうかねぇ。

で、ハイローですけれど、ヤンキーものの神髄は、「ケンカが見たい」「誰が一番か見たい」ですからっ!色んな理屈をドラマは捏ねますがw、この文明社会では色々と叶うことがないケンカ(暴力ですねw)パラダイスを満喫することなのだと思っております~。だから、あんまりね、一般向けなのかもしれないですが、面倒なこと言わないで欲しいなーって思う訳なのですよね。

美しく魅力あるキャラたちと、美しく躍動する肉体、そして暴力の凄惨さと悲惨さ、そこを見せていただければ、ヤンキードラマ好きとしてはまずもって満足なのですな。好き嫌いあって当然ですww

それにしても、本当にスモーキーさん素晴らしいですよねぇ。だれがあのスタイルを考えてくださったのか、ありがたいことです。
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。