FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARS 第8話 愛しているから言えないこと

今回のドラマ版MARSで零と聖が一卵性から二卵性の双子に設定が変更になったのは配役上の問題だけじゃなく、色々と意味があるんだろうな・・きっと・・と思う今日このごろ。

さて、第8話は零のトラウマの根源になった聖との関係性を掘り下げる回になりましたね。弱い零を腕っ節が強い零が守るという一方通行の関係。でも、自分を守るという役目のために、零の大きな欠点でもある衝動的な暴力性をそのままとめおくことに耐えられなかった聖は自殺してしまう。守られ続けるままではいやだ、そのままの衝動的な零ではいやだ、そんな思いを聖がもっと強く零に言えたなら、二人の未来はもっと違ったものになったかもしれない。

一方で、聖の意思を無視してまで彼を守る、力づくで守ることしか自分にはできないと思い詰めていた零が本当に抱えていたのは、「自分は抱きしめられたことがないから抱きしめ方がわからない」というもどかしい想い。おそらく零が聖に抱きしめて欲しい、自分を守って欲しいと言えたなら、二人の未来は違っていたものになっていただろう。

聖と零は双子として育って、お互いの特性とか、役目とか役割とか分かり過ぎるくらいわかっていて、お互いを愛していた。そして、相手を愛するが故に、相手が「できそうもない」ことを願うことができなかった。相手を思うが故の、相手を尊重するが故の、躊躇。それが二人を永遠の別れに導き、深いトラウマを残し、零は愛し合いながらも傷つけあう関係を再生産する人間になってしまった。

そんな二人を、そんな零を見守り続けてきた牧生はいよいよもって「こんな茶番は終わりにしよう」と邪悪なのか、深い闇を宿した表情で零たちの前に立とうとしている。彼が「終わりにしよう」としているのはなんなのか。まずは、宝物である零との引き裂かれた関係を埋めることなのだるけれど・・・。でも、一方で、愛し合いながらも肝心なことを言えない、お互いが本当に欲するものを与えられない茶番な関係性の「終わり」を望むものならば、お互いに臨むものを与えあう未来を拓くものになる可能性もちょっとはあるかな・・と思っているんですがねぇ。

次回くらいに牧生の本当の想いがわかってくるのでしょうか?それともそれは映画版までおあずけ?色々と想いが深くなっていくMARSでありました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。