FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノートBOX 特典映像メイキング編その8

さてさて、メイキングChapter7「最終決戦」の2回目です(もう1回やる予定)。インタビューの最初のテーマは松重さんとのお芝居のことで、第6話のキラの記憶をなくした後と、10話の総一郎の死につながる、2つの対決場面のことを、メイキング映像とともに窪田くんがしっかり語られております。

個人的に6話のキラの記憶をなくした後の月さんの純粋無垢な感じがとっても好きだったので、こういう無防備な小学生のような表情をたくさん見せてもらえてすっごく嬉しかったです。



その6話のお芝居の中で月さんが思わず涙が溢れるのですが、窪田くん曰く、松重さんが目元がうるんでいて、それを見たときに気持ちがぐっとくるものがあって最後に泣いてしまう形になったんだそうです。松重さんの気持ちをダイレクトに一番近くにいて受け取ることができたとおっしゃっていました。自分の演技プランだけでできあがってるのではなく、お芝居であっても相互の気持ちが影響しあう、そんなリアルな場面を見せてもらえたんだなぁと嬉しくなりました。

そして、10話の総一郎との最期の対決場面のメイキングとインタビュー。この場面を語る窪田くんの表情が遠くを見つめるような、どこか別世界にいるような感じもするのですが、松重さんのことを語るときにその面持が変わって。すっと、ピントがあって、強い表情になったんですね。

kubo20160409_1_2016040920322012e.jpg

そして、「熱量というか、静けさの中にある強くうごめいているものというか・・・うん・・一緒にいてすごく感じさせてもらったので・・・一緒にできたことを本当に感謝していますね」と語られて。バラエティとかのふわふわしてる表情とはすっかり違う、リスペクトと、そして自分への厳しい表情と、なにかライバルに見るような挑戦的な目つきになっているなぁと思いました。

あと、10話のメイキング。二人が対決している場所が地下の駐車場なので、二人の対決する真剣な大きく強い声が、すっごく響くんですね。そういうところはメイキングならでは迫力だなぁと思いました。さて、もう1回。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。