FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも奇妙な物語 夢みる機械 その1

朝市のお嫁さんの石橋さんが相手役でついついと朝市ーーーーってついつい叫んでしまいましたがww窪田くんはずいぶん大人になったなぁとしみじみしますね。

さて、諸星大二郎先生原作の「夢みる機械」が窪田くん主演のドラマになるんなんてほんとしみじみしちゃいますね。1978年に発表された作品で、たぶん中学の時から何回か読んでいると思うんですよね。その頃の諸星先生はよく月刊ジャンプとかでも書いていらっしゃって、たぶん「生命の木」も床屋さんで読んですごく動揺した覚えがありますが、この作品ももちろんそう。子ども心にぐっさりとした闇を刻み込んでくれような気がします・・・

ドラマのことや、色々なところで見た感想でまたいろんな感慨があったのですが、それはまたゆっくり書くとして、ぱっと見た感じで印象深かったのが、目の表情っていうのかな、その味わいと、たまに出てくる指が語るところの多いところでしょうか。

今回は漫画家の役なので、諸星先生風の原稿(って厳密なレプリカ?)にむかって、マンガを描くシーンですね

kubo20160529_1.jpg

ここからくるっと鉛筆を回して、下にバーンと置くんですが、窪田くんの親指がいつも通りよく演技していて、あー窪田くんだなぁと感じちゃいましたね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。