FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大奥 最終回

思ったよりずっと静かな最終回でした。女家光ちゃんの娘たちとのふれあい、後継の問題をふんだんに加えていて、公に生きた、仕事に生きた一人の女の最期を妙に(現代的に?)リアルに描いておりました。。

まずは、正勝さんのことから。原作通り殉死でした(涙)。でも、ようやく家族への想いを手紙に託すことができたのはよかったのかなぁ。ただ、稲葉家のオリジナルなお話がいい深みをもたらしてくれていたので、中途半端になっちゃったよにも思いました、ちょっと残念。

さて、女家光ちゃんは玉栄待望の子どもを難産の末生んだものの、その後は大きく体調を崩して寝込むようになり、回復することはありませんでした。3人の娘の誰に将軍職を継がせるか、人物の器量的にはお玉種の三女の徳子かと思うところでしたが・・・。しかしながら、お玉やお夏の家光の体調よりも娘の心配をする様子などを見るにつけ、そして、有功さんの、姉妹の順序を乗り越えた後継は争いを生むだけだという意見もあり、のんびり屋の姫長女千代姫が四代将軍となることになったのでした。

そして、今わの際、家光ちゃんの傍には有功さんだけが付き添っています。静かに語らう二人。家光ちゃんは「私のためだけに生きよ」と告げます。この世の者でなくなってようやくお互いのためだけに生きることができるようになり、有功さんの涙がふわーっと溢れてきて、二人の愛が静かに結ばれたように思えました。明け方亡くなった家光ちゃんの唇に紅をさす有功さんの姿もとても美しかったです。

このセリフは、原作のセリフをとっても大事にするこのドラマでは珍しいオリジナルのものだと思うんですけど、実はこの後の家綱の時代、ドラマでは描かれなかった有功さんの行動を考えると、原作を補完するような凄い核心の言葉になっていると思いました。とっても原作をリスペクトしていたドラマだったと思いますが、ここが一番キューンとしましたね。このドラマを見た方はぜひ原作の家綱編も読んでいただきたいですねぇ。


さて、最終回まで見て思うところは、やっぱりよしなが版大奥のドラマ化だと思うとちょっと残念でした。まずは原作の最大の特徴でもあるSFな歴史観がなかったこと。このドラマの場合はそこは削ったということなのでしょうがやっぱり物足りなかった。庶民代表の神原さとの話は欲しかったなぁ(南沢ちゃんは本当は神原さとではなかったかと今でも思うのです)。あれがあったら、ひいては稲葉家の話がなければ正勝さんの殉死もあんな謎(一旦はそれを禁じた家光からいつ許されたのでしょう?)なものとはならなかったんじゃないかなぁと。

も一つは、後半以降、感情的な部分が抑えられてしまった点。よしなが大奥の登場人物はみんなどっかで感情的で逞しいのですが、ドラマではそれがどんどん薄くなっていって「徳川のため」となってしまった。きっと綱吉編のドロドロと対照的にしたいという意図なのかもしれませんが、家光ちゃんは最後までもっと人間的な人だったし、有功さんももっと人間的なドロドロを隠し持っていて、面白い人物なんですけどねぇ。ちょっとみんなお行儀よくなりすぎちゃった。

どんなに「原作」と書かれていても、原作本とドラマは違う。でも、やっぱりこだわってしまうんですよね。JIN2の時にいやになるほど思い知ったはずだったけれど。。本当に、俳優さん、女優さんたちの演技は素晴らしかったし、ミニマムな作りではありましたが、ドラマ自体はいいできだったと思うし、最後に家綱編への配慮を見せてくれるなど丁寧に作ってくださってると思うので、なんだかとても惜しかったです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。