FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイ捜査官7 第26話「ニャンたる忍者」

このところヘンな事件が起こっています。なんでも、あるサイトに書かれた通りのことをすると、自分の過去の嫌な記憶が思い通りに書き換えられるのだそうです。それだけだったらまあいいのですが、記憶を書き換えた人間が凶暴になり、本当のことを知っている人と頻繁にトラブルを起こすようになっているとのこと。そこにネット犯罪のにおいをかぎつけたアンダーアンカーが独自に捜査を始めます。

一方、ケイタは最近親しくなったLサイズというあだ名の太ったクラスメイトに怪しい老人が住む古い屋敷に連れて行かれます。そこで軍人将棋などを教えてもらって、すっかり気を許してしまうのですが・・。実は、その老人は甲賀流忍者十四代目甲賀幻術斎。彼こそが記憶書き換えの騒動の首謀者でだったのです。更に、クラスメイトのLサイズは幻術斎の弟子で、甲賀流PC班(って響きが凄く気に行ってしまったのw)のシノバズ君という少年忍者。すでにケイタは彼によって記憶を書き換えられ、クラスメイトだと思いこまされ、その仲間に引き入れられようとしていたのでした。

ケイタ&セブンさんと幻術斎の戦い。人の心を熟知した幻術斎は様々な忍術、分身や超高速などの術を見せ、戦いを圧倒的に進めます。セブンさんにはそれは幻だと見破るのですが、まだ学習していない詰将棋の問題を問いかけられ、それを解こうとして大混乱してしまいます。そして、幻術斎の手裏剣が雨あられと、そして逃げても追尾しながら襲ってくるのです。ケイタとセブンさんは絶体絶命のピンチに陥ります。

しかし彼の忍術は結局のところ相手に都合のよいことを「思いこませる」こと。手裏剣もケイタが動くラインを予め読んで投げているのです。それに気付いたケイタは幻術斎の手裏剣から逃げるのではなくそれを待ち受け、それを鮮やかにバットで打ち返し、幻術斎を返り討ちにしたのでした。幻術斎も忘れされつつある忍術の力を人々に知らせたいためとはいえ、こんなことをやってしまったことを反省。ケイタとセブンさんも忍術の素晴らしさを知り、彼の所業を不問にすることにしたのでした。めでたし。

今年5月に77歳で亡くなられた長門裕之さんがゲスト出演の回。この放映時には74歳で、はっちゃけてノリにノッたお芝居。はだけた着物の間から赤フンひらひらにはシビれました。まぁいわゆる「この長門裕之、ノリノリである」状態ですw。冷静にみると、最初の記憶の書き換えについての犯罪捜査めいたものと、その後の、長門忍者大暴れのつながりが今一つしっくりこなかったように思います。でも、長門さんのお芝居の爆演ぶりが、当初のお話を違ったもの上書しちゃったのかなぁと思ったりしました。

それに加えて、スタッフさんたちの「忍者」モノやりたい~って勢いが、犯罪捜査と言う本道に優ってしまったのかもしれませんw。とにかくこの第26話はネタが満載。忍者→陸軍中野学校→スパイ・諜報活動→マインドコントロールという定番の知識を詰め込み、軍人将棋(懐かしい~大好きでした)を大クローズアップ、手裏剣はきちんと甲賀流八方手裏剣だし、甲賀幻術斎は仮面の忍者赤影の甲賀幻妖斎を思い出させ、幻術斎の家の表札にはなぜか「百地」の表札(って伊賀流の名字じゃないですかw)。最後にセブンさんは忍術に傾倒しちゃってるしねぇ。

忍者モノだけでもたくさんですが、知っている人にはすぐわかる金子監督ならではのデスノートネタの「L」。また、幻術斎が相手の動きを読んで手裏剣の軌道変えるように投げると言うのは巨人の星の大リーグボールネタなのだそうです(カーテンコール本参照)。なんで、あそこで野球になったのかって巨人の星だったからなんですねぇ。いやー、わかんないよっw。でも、そのネタのおかげで、小学校時代、野球をやってきた窪田くんの素敵なバッティングフォームが見れたのはよかったですね。

こういうネタの詰め込み過ぎになっちゃうとことか、それにも関わらず長門さんも窪田くんもノリノリになっちゃっている、やっぱり忍術モノをやりたい~伝えたい~っていう現場の勢いがあったからなんだろうと思うのです。ケータイ捜査官7という番組を見る子どもたちに何を伝えるのか、伝えるべきなのかは、人によって色々と違うけれど、それぞれの監督や脚本家さん、そして演じる俳優さん(特に超ベテランの方々)が、それぞれに伝えたいものを持っているところ、そこはみんな共通なんですよね。コミュニケーションはケータイ捜査官7の基本理念でもありますが、それはやっぱり「伝えたい」気持ちの強さあってこそなんだろうなと思いました。

さて、長くなりましたが、最後に。窪田くんと「ニャン」の絡みは凄く凄く凄く可愛かったです。いやーー、窪田くんマジ猫好きなんでしょうけど、人間によりも断然優しく、色っぽく接するので参りました。あれではヤバい人ですw。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。