FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイ捜査官7 第28話「ケータイが生まれた日」

うちのおせちは甘いもの盛りだくさんなおせち。黒豆に、栗きんとんに、豆きんとん。年末の準備の一息つきに、コーヒーと味見のきんとんで、第28話を見ました。あ~、いつもながら、今回のMXテレビの再放送って、凄いタイミング。

セブンさんとケイタのコンビはますます絶好調。セブンさんがツッこめば、ケイタが更にツッこむ。ケイタは慌てたり、怒ったり。セブンさんはそんなケイタの様子を楽しんでいるかのようです。前からそそうだったけど、二人の結びきは仕事上のバティというだけじゃないもっと深いもの。そんな様子を嬉しく見つめるご隠居水戸さんは、二人をツタの絡まる秘密基地に連れて行き、水戸さん、宗田さん、伊達さんの3人でフォンブレイバーを開発した頃のことを話すのでした。

スタートはAI研究者だった宗田さんの「AIに形を与えたい」。そんなアイデアを実現するために集まった3人。とはいえ、水戸さんの言葉を借りれば、新しい創造物に「愛嬌があること」を求める宗田さんと、「仕事ができること」を求める伊達さんは、何かとぶつかり合い、プロジェクトはにっちもさっちもいかず・・。水戸さんは、二つの一見折合わなそうな考え方が上手く融合すれば、コーヒーと羊羹の取り合わせのような素晴らしい何かができると思うのですが・・・さて、どんな紆余曲折があってフォンブレイバーが生まれたのでしょうか・・というお話。

間明の話を何かと気にする水戸さんは虫の知らせがあったのか、宗田元会長と伊達会長を呼んで、ケイタとセブンさんの今の姿を見せるのでした。そして3人は、AIが親しく人の様に人の傍にあって人の役に立つという当初の夢が実現しつつあるのを喜ぶのでした・・・

う~ん。今後のことを考えると色々と複雑な気持ちになりますね・・・伏線として色んな話が詰まっていて凄いんですが、この「実現しつつある未来」という28話のオチがもっとストレートに生きるようなエンディングだったらなぁとは思いました。すべての後、あの秘密基地にいる愛嬌者の先輩ロボ達はどう思ってんだろうとか思うとちょっと涙が・・

冒頭の画像話もそうですけど、前回に引き続き、ケイタのエロネタ(って言ってもごく普通の高校生レベルなんですが)ありました~。この監督さんのお話では、この後の「ともだち」でもそーですが、ケイタの可愛いエロネタがあって、なんだか嬉しくなるんです~。そして、この回、いい表情いっぱいの窪田くんでしたが、やっぱり、ラストシーンのリトラクトフォームするセブンさんをくるっとまわりながらバシッと手で受けて、ズバッと出動していくところでしょうか。あの集中した、一直線の表情に、信頼とやる気があふれ出てて、一瞬なのに忘れられない表情ですね~。

さて、新年1回目はあの「勇人開発秘話」で個人的に有名なあの話です!きゃ~~~(嬉)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。