スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代少女ドグちゃん 第5話「妖怪 カニ光線」

経盛おじの窮地を救うべく重盛さん大活躍.福原で穴掘りに励む盛国さんも大事を聞きつけ都に駆け付けるのでした・・・って,やっぱりついまだ清盛モードになってしまう・・・

さて,駿河太郎さんが誠のいとこ洋介役でご登場.アニメーター(?)になりたいという夢を捨て,カニの缶詰工場で働いているのだそうです.引きこもり(だった)誠もそこで働かないかと誘いにくるのですが,明らかに普通でない様子.心配になった誠とドグちゃんは彼の働く工場に行きます.そこで見たものは,奴隷のように働く工員たちの姿.誠たちは,彼らを連れて逃げようとするのですが,当の本人たちは「やっと働く場所ができたのに!,やっと夢を捨てて働いているのに!」と拒否します.そこに恐ろしい姿の妖怪カニ光線が現れて・・・というお話.

タイトルからして小林多喜二の「蟹工船」,カニ光線を退治するには資本論スキャンしたマルクスビーム,そして,自分の生活や本当にやりたいことを犠牲にして働くのってどうなのよ!?自己疎外していないかい?というメッセージ.ギリギリのところでギャクになってるのか,大マジなのか,何か自分の身にヒリヒリするものを感じるドラマとなっておりました.夢を追うこと,お金を稼いで生活を営むこと,仲間やパートナーや自分の居場所を見つけること,このうちのどれであっても暴走して自分を食いつしてしまうことは往往にしてある訳で,えらくビターな味わいを喰らわせてくれた第5話でした.これまでで一番,風刺というか「お前らダメじゃん」度は高かったかなぁ.うーん,ドグちゃん,厳しいぜ.

でね,井口総監督が妖怪カニ光線を直々に演じているんですが,その造形の凄いこと.頭に生えたカニの足(手?)が拳銃持ってるんですよっ.



メイキングで井口監督を型取って特殊メイクを創っていくところを見せてくれているんですけど,もう非常に興味深かったです.何度も書いていますが,ドグちゃんDVDってすっごくお得です.ホント,ザ,「メイキング」.たくさんの人に見てもらいたいなぁとつくづく思いますよ.

さて,誠ですけど,ちょっと痩せてるのかな?またもや影のある美少年度がアップしています.そして,「呪音」などで有名な清水崇監督が誠のアップを多用してくれていまして,これがどれも心に迫る美しさ.夢は捨てるためにある主張する洋介に愕然とする誠の表情,そのゆらゆらと揺れる瞳,呆然としながらもそれは違うという意思を秘めた顔つきが,素晴らしくて!誠の美少年度No.1の作品かもしれませんね(毎回書いているかもしれませんがw).あと久々に登場の誠パパの黒タンク&筋肉美とか,優しげな表情と関西弁の(あの柔らかなイントネーションは絶品~)太郎さんとか,色々と盛り上がれますよっ.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。