スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイ捜査官7 第43話「真の敵」

間明が仕掛けるジーン。ラムダチップのコピーを搭載し、フォンブレイバーと同等の人口知能を持つジーンは持ち主と共に成長し、持ち主のこころがわかると携帯として急速に普及していきます。そんなある日、セブンさん、サード、ゼロワンにその膨大なジーンたちから一種のラブコールのようなメールが大量に送られてきます。

あまりに大量なメールによってセブンさんとサードはシステムダウン。それを上手く跳ね返したゼロワンはケイタ達の前に現れて、今回のジーン騒動の背景にアンダーアンカー内部の人間がいること、そして事の真相を探るために間明を追うことを伝えるのでした。それを聞き、ケイタは元会長の宗田を訪ね、その敵が宗田さんであるかと直接に尋ねます。宗田は心当たりがあるので自分に任せてほしいこと、セブンさんとケイタの関係や成長を見るにつけ、人口知能と人間の間にはよい未来がやはり期待できるのだという信念、をケイタに伝えるのでした。

しかし、間明の真の狙いは、人口知能が不幸に晒された時どのように成長するかを見定めること。それを明らかにしようと、とうとうケイタに手をかけようとする更なる企みをしかけます。それを必死で防ごうとするゼロワン。彼らの攻防は一体どうなるのでしょうか。ラストシーン、ケイタと一緒に見る夕日が美しいという感慨をあらわにするセブンさんとサード。美を理解し、それに感情がかき立てられるところまで、彼らのこころは進化しているのですが、こともあろうにそんなフラグフレーズを言うんじゃないと、目に水がたまるじゃないかとドキドキしている自分でありました。

話の中でケイタが「おれ、ケイタ、お前、セブン、お前、サード」とそれぞれが独立した人格であることを言ってましたが、こころが成長するということは独立した存在になっていくということ。それは孤独や疑いも同時に成長させていくかもしれない。それを乗り越えるために、セブンさんは自分の経験したことと感情を正直にケイタに伝えることにしました。この時のセブンさんの落ち着いた、でも努めて冷静に・・という気持ちが伝わってくるような話しぶりが本当に素敵でした。

ほんとねぇ、このケータイ捜査官7という長い話の最初から最後まで一貫してセブンさんは理性に基づいたというか理性寄りの考え方をして、それが色んなことを救っていってるんですね。だからこその人口知能の話なのだろうし、私はそこが本当に好きなのです。で、一方、情と愛をいっぱいに膨らませたゼロワンのいじらしさというか、一本義なところは、本当にケイタと一緒だなと、似ているモノ同士の愛の通じ合いも、もう本当にたまらないですよね。いやー、ほんと、来週が来るのがホント、いや。。。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガチバン情報で見逃してましたわ!
来た来た~、ケイタのラスト3話!
もう、ここのゼロワンが土下座して「ケイタだけは…」と間明に懇願する
シーンから、号泣です;;
普通の高校生、いや、むしろネガティブ気味だった高校生のケイタが
セブンやゼロワンの心を捉えて、
この二人がケイタを命がけで守ろうとしている姿が
ホントに美しく、健気で泣けちゃいます。
あ~、見たくなっちゃった。

Re: No title

もんちっちさん、こんばんわーー。

この43話を見てると本当にあと2話で終わるとは思えないですよね。書かなかったですけど、ケイタが自分がくよくよくんだったから、セブンさんの気持ちがわかる、でも、成長に必要なんだよ~っていうところ、本当に今までの話が生きていてよかったですね。

で、ホントに、ゼロワンね、涙出ちゃいますよね。ケイタがあんなに好きなのにね、好きだって言えてたかな、ゼロワン・・・いやー、来週が楽しみというか、悲しいというか。

ぜひ、ぜひ、見てくださいませ~。私も今度はセル盤のDVDを見て行こうかと思ってるところです~。
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。