スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xmasの奇蹟がやってきた Disc 7

遅ればせながらですが、うちではXmasの奇蹟祭り、まだまだ続いております!。

さて、最後の2枚のディスクになりますね。Disc 7は31話から35話。Disc 6で、ナオさんから遠ざけられてしまったコ-ジさんのケンちゃんは、ナオさんと結婚すると言う柏木さんとひと悶着あり、またもや生死の境をさまようような重傷を負います。そして数日の意識不明の後、目覚めたコ-ジさんは周りにあたかもケンちゃんが本当に蘇り、コ-ジさんの記憶も、復活したピアニストとしての腕もなくなってしまったかのようにふるまうのでした。そして、ナオさんと柏木さんの結婚騒動は、柏木さんをずっと思いつつも死んだ恋人に縛られてもいたミツコさんを突き動かします。本心を隠してお互いに嘘を重ね合うナオさんとコージさん。二人の溢れる思いは、周囲を翻弄し続けます。一体、どこに行きつくのでしょうか。

そんな訳でナオ&コージの関係はまだまだ混迷の度合いを深めているのですが、一方で同じように死んだ男に縛られていた柏木さんとミツコさんのストーリーは落ち着くべき所に落ち着いたようで本当によかったですねぇ。思えばトシカズさん(ある意味影の主役ですね)が生きていた時にすべてが明らかになって、柏木さんとミツコさんがくっついちゃえばトシカズさんも死ななくてすんだかもしれないのだから、二人の過ちは大きい(それは柏木さんのピアニストトシカズさんへの執着ですね)のだけれど、そのピアニストへの執着をコージさんのケンちゃんが全部持って行ってくれたのかもしれないとと思ったりしますね。魂だけ蘇ったコ-ジさんは散々に周囲を振り回しているだけのように思うけれど、意外と色々な人を救っていってるような気がしてきました。

で、そんな素敵な色気男の柏木さんとコ-ジさんのケンちゃんが対峙する第31話は素晴らしいです。気持ちが荒んで、かつ若いケンちゃん由来と思わせる性急な怒りの表情の窪田くんと、ゆとりと自信でそれを受け止めつつもふわっと包んでしまうような火野さん。いやぁ、ゾクゾクしました。そして絡み合って階段を落ちるシーン。上にいた窪田くんがするっと体を回して火野さんを防御しながら落ちるんですよ。ほんとネコみたいですよ、窪田くん。他にも31話は、前半部分の赤の月の収録場面のコージさんの音楽に没入する集中しているシーンも、ピアノを弾く後ろ姿の素敵さと合わせてめっちゃいいのですよねぇ。

他にも32話でヒロトさんを許すシーン。病院のあの情けない合わせの服で包帯ぐるぐる巻きなのに、「許します」と言う時のコージさんでもなくきっとケンちゃんでもない崇高さ。その一方で、34話でヒトミちゃんをとうとう襲ってしまう時とか35話でそれを思い出す時の情けなさそうな顔とか。一生懸命ケンちゃんしている時の笑顔と、一瞬で変わるヘの口顔とか。Disc 7は、色んな表情が見られることだったり、、ヒトミちゃん襲った後の半裸の筋肉のつき方の美しさとかあったりして、これ結構好きな巻かもしれないですね~。さてさて、次は、いよいよ最終巻です。コージさんとナオさん、そして何よりケンちゃんが幸せになれますように・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやあ…。
ましゅましゅさん、洞察力、深いわ…。
ケイタ再放送要望も多いみたいですけど、
クリ奇もどこかで再放送してくれないですかねえ。
DVDで出るからだめかなあ。

No title

もんちっちさん、こんばんわー。
いつもありがとうございます!

ケータイとクリ奇は常に再放送して欲しいですよねぇ。
両方ともDVDはあるんですけど、ボリュームが大きいから
全然ドラマ見ないで買うなんて、とてもできないですよねぇ。
テレビやレンタルで見て、それで燃えて、DVDもご購入と・・・
その路線で行かなくっちゃww今はCSもBSもありますからね~。

フジテレビとMXとTVK(横浜のテレビね)に要請しなきゃ~。

No title

こんばんは~☆
Disc6の感想コメ出来なかったから、まとめてコメしま~すw

Disc6は泣くシーン多かったですよね。
もうこの頃から、泣くときは色んなもの流してww顔くしゃくしゃにして
泣いてたんですよね~。重盛の忠ならんと欲すればの時の泣き顔
見た時、健ちゃん思い出しましたもんw
でもどうしてナオはあんなにもコージを突き放す選択をしたのか
分かりませんでしたね~。コージだって気づかない振りをしてれば
大丈夫だったのではって思ったりもしました。
だって、お互い気づきあってること知ってても、口に出さなきゃ大丈夫みたいな設定じゃありませんでしたか?

Disc7も面白い場面いっぱいでしたね~。
私も赤の月の収録場面大好きです!ピアノ弾く演技本当に上手!
でもあの後ろ姿窪田君でしたか?別人に見えたのですが・・・
それから柏木さんかばって階段から落ちるとこ。
たこ坊主の頭を抱っこしてるみたいで、笑っちゃいましたw(スミマセン)
ひとみちゃんを抱くシーンもね~切ないし、ひとみちゃんも可哀想。
でもあの上半身の筋肉はいいですよね~(って、やっぱりソコww)。
ホントにね~、窪田君ひとりで、コージになったり、健になったり、
その度に表情や声色が変わったり、複雑で難しい演技を、
よくやってのけたな~って感動しちゃいます。

そうそう、ガチバンバトルの勇人篇出るんですね!
めっちゃ楽しみだわ~~~♪

No title

シャロームさん、こんばんわーー。感想Wでありがとうございます!

そうそう、6巻よく泣いてましたよね。窪田くんの泣く時は手が顔を隠しちゃうというのを色んなところでよく聞いていたんですが、あぁこれなのかぁと思いましたね~。他の泣き顔もパターンが多い!。ほんと所構わず泣いちゃうというか、ぐちゅんぐちゅんになっちゃいますよね。で、あの忠孝の泣き顔は、清盛の子どもとしての泣き顔ですもんね。だからお母さんに対する想いのDisc6は似ていたのかもしれないですね~。今度さっそく忠と孝見てみますねーー。

そうですよねー。コージさんが自分で言わなければよかったんですよねぇ。あの時、ナオさんがどう考えたかいまいちわからないので気になってるので、何か機会があればどう勘違いしたのか聞いてみたいもんですねぇ。ある意味、一番の転機ですもんねぇ。

で、問題の後ろ姿。パーンと後ろから撮ってるシーンは窪田くんかなぁと思っていたのですがどうでしょう?見てみますねーー。で、フィニッシュのシーンで、小指を伸ばすところ、すっごくよかったです。

柏木さんはあんなに小さかったんだなーというのが今回の発見ですよね。いつも袖が長いし、そしてちいちゃいw。ナオさんと抱き合っててもぬいぐるみと抱っこ感ありましたw。で、感動した途端に、窪田君の胸に抱かれる柏木さんの図は参りましたねwww

こうやって見ると結構だんだん話が進むにつれて、色んな人があれこれ活躍するし、窪田くんもそれに乗って色んな風に演じちゃえるように思えました。いや、やっぱりDVD欲しくなってきた気がします・・・。
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。