FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの窪田くん 第18週「悪魔くん復活」第105話

第105話も中身は悪魔くんの放映開始が昭和41年10月6日に決まってそれ対する様々な人々の反応を描いていきます。テレビ化を大きなビジネスチャンスととらえて盛り上がる人々。当事者の豊川少年ランド編集長、能力があってのし上がりたい郁子さん、底辺をはいずりまわるこすっからいイタチ・・同じハートをもちながらも違う3つの階層の人を同時に盛り込んでいるのが凄い!

その一方で、面白いマンガを作り上げることだけを考えている深沢さんはもうすでに新しいマンガのことを、若いマンガ家のことを考えている。月曜日の戌井さんも、この深沢さんも二人とも後のマンガ界に大きな足跡を残している方なんですけど、経済的には報われなかった。そして、ビジネスと真の創作の間に巨人として存在する水木しげる。特に説明的な描写があるわけではないけれど、そういう構造が透けて見えるのいいなぁと思います。

で、そんな大きな流れの中の渦中にいる3アシのみなさん。テレビ版のことを、迫力が出せるかとか、これで仕事が忙しくなるとか、プロっぽく冷静に見ようとしながらも、ちょっと浮ついて喜ぶ3人が可愛かったです~。倉田くんは「奥さんが~」って目をキラキラッさせちゃうし、あの冷静と言うか何事にも興味無げな小峰さんがスガちゃんに余分な仕事を増やすなと言うくらいですからっ。

その時の倉田くんの、こいつ、もーっ殺すってう表情がたまんないですよね。一瞬なんだけれど、まぶたぴくぴくさせちゃって、すっごくその気持ちが伝わってくる。スガちゃんに「実写版やろっ。出られるわけない」とうセリフのキレといい、ひとつひとつの仕草や表情に強さというかインパクトが込められている、惹きつけられるなぁと思うのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。