スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐版滝の白糸 3週間5本勝負の5本目:いってきました編

ひとまず畳んでおきます~。最終日の演出はまたちょっと違ってた感じです。

いよいよ東京千秋楽となりました。本日は2階席の最後列の端っこからでしたが一応見切れることはなかったですね。で、楽日はやはりシナリオに最大限の敬意を表してというのでしょうか。キャストのお一人、お一人が丁寧にセリフを述べられていた、セリフの美しさ、格調の高さがひしひしと伝わってきた、そんな印象です。昨日のにぎにぎしい雰囲気とはまた違っておりましたねぇ。アリダの設定こそ違え、最初に見た9日の雰囲気に近かったかもしれません。

で、あいにく窪田アリダの声が昨日よりやや悪く。第一声はいい声だったんですけどね、感情が高ぶる場面では声が割れが気になる様になり。また、平さん、大空さんの格調高モードの節回しと並ぶと、自然な感じというよりも、声の調子あってかタメが利かない感じに聞こえてしまったり。あと、今日は血の吹き出しが凄くってw、アリダの目への直撃も凄くてちょっと痛そうだったり、足元滑るのかいつもより転ぶ回数が多かったり・・ちょっと大変そうだな、苦戦気味かなと感じておりました。

でも、ラストシーンであやめを見つけたアリダがほほ笑んだように見えて。また、もがき苦しみながらもそのまなざしが凶暴な生気に満ちているように思えて。そして、アリダの闇の中に消えて行く、最後の一瞬、微笑していた・・・。それが胸に突き刺さってしまい、ぽろぽろと涙が出るのが抑えられなくなってしまいました。本当に、本当に、アリダがこれから歩いていく道と、窪田くんが歩いていく道が重なってしまったというか。「頑張ったね、頑張ったね、凄かったね」とやっぱり近所のおばちゃんモードで大泣きしてしまいましたね(恥)。

そして、楽日カーテンコール。まずはいつものように、キャストが順々に出てきます。で、平さんの後の窪田くんの時、拍手が一層大きくなって。それはそれは嬉しかったです。で、2回目以降のカーテンコールでは、本当に窪田くんいじられ、いじりまくりでした。なんかもう姫モード爆発!

・窪田くん烏山さんから○クルトをもらって、その扱いに困る。どうするの?と烏山さんに言いたげな視線を投げてアタフタ(結局客席に投げ込みましたね)。

・3人揃って、下がっていくものの拍手の大きさに、大空さんの手をひっぱり舞台に戻ろう!と言いたげな窪田くん。これはキュンでしたねぇ。で、大空さんが平さんも呼ばないダメでしょっと平さんを男らしく引っ張って3人でまたご挨拶。またねー、窪田くんが、両手挙げてのお手振りだから~。やん、可愛すぎる・・。

・蜷川さんと唐さんの2回目のカーテンコール。みんなでお名前を呼んで、大空さんと窪田くんが手をつないで(おそらく)呼びに行きます。この時は大空さん主導。で、出てきた蜷川さんに窪田くんが血糊をつけようとじゃれる!あぁ、いつの間にかいなくなっちゃった子猫アリダがかえってきたのかww

・それで、蜷川さんと唐さんのお二人を招いての2度目のご挨拶。唐さんは窪田くんにも握手してくださって。なんか感動。そして、窪田くんは唐さんの後ろに、唐さんをおまもりするような感じで立って。で、やっぱり烏山さんにいちいち目で聞くのね。弟姫モード爆発でした。

・そんな風にあったかい雰囲気の東京楽日カーテンコールでした。また、何か思い出したら書きます~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いや~やっぱり千秋楽はいいな~行きたかったな~。

こんばんは!早速アップしてくださりありがとうございます!
凄く伝わってきました!窪田君のやりきった感!
そして、ましゅましゅさんの感動!
私も読んでるだけで、想像して涙出そうです。

窪田君って素に戻ると本当に可愛いですねw。
しかし、今回の舞台で想定外のツボが、烏山さんとの関係でしたw。
最初見たときも二人の絡みがいいな~って心に残り、昨日もそう思ってみてました。そしたら今日は一段と深い仲だったのねw。
本当に窪田君ったら年上男性好きですねwww。

今日は本当にましゅましゅさん行けて良かったですね!
次回舞台があったら私も攻めの姿勢で頑張らなきゃw。

ましゅましゅさんのお疲れさま(#^.^#)
もうblogが上がっててびっくり
貴重な今日の様子がわかって、うれしいです
マサくん泣かなかったんですよね
それどころか、あちこち気配りして大人なんですよねー
それに蜷川さんとじゃれあってたってのが、なんか素晴らしいわ
頑張ったんですね(ToT)

昨日から今日は心也としても仕事して…
なかなかゆっくりする暇は無さそうですね
ちょっと心也になって、また2週間後大阪に会いに行きたいです
なんか淋しいね

おつかれさまでした!

いやー本当に終わってしまいましたね(涙)
始まりがあれば、終わりがあって、また次がくるのですものね。
寂しいですが、受け入れなくては。
できれば、感動をその場で共有したかったなーーと今更の後悔ですが、ましゅましゅさんのお話から、窪田君を囲むキャスト皆さん、温かいムードのなか、充実の楽日であったことがよーく伝わってまいりました。
マサ姫ですか〜やっぱ見たかったな〜。

ほんと、窪田君てば、よーく頑張りましたものねーー。
だって、あの平さま、宝塚のトップを張った大空さんと丁々発止のお芝居を繰り広げましたもん。(とくに昨日のテンポの良さは秀逸でした。)
それだけでもすごいことだし。専門的なことは分かんないですが、台詞の量は半端無いし難解、後半汗だくだわ血糊は浴び放題だし。。思い返せば激しい激しい舞台でしたよね。でもとうとうやり遂げちゃいましたね。
最初の速報版のチラシを見たとき、メインキャスト三人の名前がだけが並列で
ドンってのっていて、大層誇らしい気持ちと同時に、大丈夫?ってちょっと思ったりもしたのですが、いやいや窪田正孝ーーすごい大器なのではないでしょうか〜今更ですが。
ましゅましゅさんには、千秋楽を見届けていただき、まだまだ余韻の残るなか、早速のレポ本当にありがとうございました。感謝!感謝です!!
私にとっても、今回の舞台はいい刺激になりました。そしてこの上ない眼福もちょうだいしましたっ!!(いろいろ目に焼き付けましたよーー)
昨日も一緒にお話しましたが、年1くらいで、窪田君の舞台見れたら嬉しいですよねーーそしてまたこんな幸せなおしゃべりができるように、お月様にお願いしまひょ。
ありがとうございました。

No title

シャロームさん、こんばんわー。コメントありがとうございます~。

また、後で書こうと思っているんですけど、主要のキャストのお三方には特別な一編だったように思うんですよねぇ。そんな背景もあり、楽日独特のトーンもあり、そして何よりあったかいカーテンコール。悩んでいたところを、シャロームさんとねむり箱さんに背中を押していただいて、本当にありがたかったです!

今日の烏山さんは、このヤクルト渡しまでは結構クールで残念だったんでうすけど、こんな攻撃が来るとは思いませんでしたww。でも、窪田くんの「お兄ちゃん~!」視線は凄いですね。へたすりゃ、蜷川さんも、やられそうでしたよww

で、窪田くんブログ更新されていましたね!で、三池監督だもんなーー。きゅんきゅんしてるんだろーな

No title

沙央里さん、今日も色々とありがとうございます!!

はい、窪田くん、泣きませんでした!なんかね、書いたようにいっぱいカーテンコール盛り上げてましたよっ!で、舞台が遠くてちゃんと表情見えなかったからかもしれないんですけど、「大人」って感じでもなくってw。一番年下のポジなのをいいことに、カワイイ奴めっ!って雰囲気でした~。心の中では一生懸命頑張ってたんでしょうが、きっとファン以外の人には感じさせなかったはずという、実は男前な窪田くんですかね?

そうですよねーー。今度のライブのお仕事、実はかなり大変だと思うんですよねぇ。喉も休めたいだろうし・・いや、プロだもん。やるでしょう、窪田くんは(でも、ゆっくり休んで欲しいけど・・)

いやぁ、でも、沙央里さんは大阪でアリダに会えるんですねっ!ほんと羨ましいです~。楽しんでくださいね

No title

ねむり箱さん、こんばんわ&コメントありがとうございます!

ほんとに背中押してくださってありがとうございました!本当にいい思い出になりました!窪田くんも初めてに近い経験でしたけど、ファンの私たちも色々と初めてのことばかりで、右往左往しながら3月からやってきたんだなぁと感慨にふけってます!きっと次の舞台もあるでしょうし、またその時には新しい経験を窪田くんと一緒にしていきましょーぜ!

大器ですよねぇ、窪田くんは。今回の舞台は、すごいキャリアの方々と一緒で、色んな、嬉しい経験も、悔しい経験もいっぱいしたかと思うんですけど、そういう流れを引き寄せてるというのがまず大器だなと思うし、今回のお芝居を見てて、あの芝居らしくないスタイルでやりぬいたな、と思うところも大器だなぁと思うのでした。

いやいや言い出したらきりがありませんが・・・また、一緒に窪田くんのお芝居行きましょうね!
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。