FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事のまなざし 第11話の雑感

昨晩、バタバタと見たんですけれど、第3の殺人には信吾の窪田くんは関わってないのでは?、絵美ちゃん事件には関わってないのでは?という予想はついていたものの、それの上を行く展開でした。これは簡単には感想をまとめられないですね。見応えありました!。それに、本筋ではないところであれこれ自分の想いが広がっちゃったので、とりあえずざくざくと窪田くん中心で雑感を書いちゃいたいと。

○いいドラマは地理というか場所感のリアリティづくりがよいことが多いと感じておりますがこのドラマもそう。普段よく行く池袋あたりを舞台にしたこのドラマ。諸所に都電荒川線が出てきて可愛かったり、最初に殺された学生の住所も心にくかった!最初に信吾が空を見上げたのはどこかな?。想定される大学のある西池袋なのか、東のどこかなのか。

○絵美ちゃん事件解決編SPは決まり!という感じの終わり方。もしあれば拘留され裁判を受ける信吾とか、事件の重要情報を思い出す信吾(犯人の顔を確実に知ってる重要人物だし)とか、再び平さん(役名失念・・)と交流を深める信吾とか、期待できそう!とファン心にはやる自分。でも、死刑となりそうな信吾が再度自分の人生や罪(最終回ではその重さは微妙にだけけど意図的に回避されていたと思う)と容赦なく向き合わなければならなさそうで、辛い話になりそうだなぁ。

○事件に関係する人々の想いや心理を丁寧に追うのがこのドラマの美点だとは思いつつも、捜査陣が本人たちに向かって彼らの心の内をバカ丁寧にw述べ上げるのは、自分が言われる側だと思うととても気恥しい。言っている方は相手の心に沿いたい一心なんだろうけど、。最後の取調室の場面、4人の刑事に心のうちや周囲の状況を言い上げられる、心を丸裸にされていく信吾はちょっと可哀想に思えたw。

○でも、この取調室での場面の最初の方で、4人の刑事を相手に本心を明かさないよう、悪ぶる信吾のお芝居に、「窪田くん、またお芝居上手くなったなぁ」とゾクゾクしましたよ。ファンの欲目とはわかっているのだけれど、椅子の掛け方、腹の曲げ方、肩の位置と首の角度、4人の刑事の視点を、言葉を引きつけ、そして掛けてきた言葉を突き放すその姿勢とセリフの弾力のある感じ。これは舞台の経験が表われているなぁと思いましたね。

○個人的には、捕まって以降の信吾の声低めで荒っぽい感じの言動にやられっぱなしでした。低い声の窪田くんの役には、問答無用で白旗あげてるなぁ、自分w。

○どんなにベタと言われようが、絵美ちゃんの「がんばれ」(これも、これまでのあの家族が過ごしてきた時間の積み重ねの賜物なのだけれど)が、夏目のまなざしの復活と、信吾の宿痾への一太刀になったあのシナリオは素晴らしいと思ったです。信吾や平さんに「なにも見えていない」と言われた夏目だけれど、目を閉じてるからこそ見えるもの、網膜には決して映らない真実はあるのではないかと、目を閉じて眠り続ける絵美ちゃんと重ねて見てしまいました。

○一方、網膜に映る隅から隅までに注意を払い、現実の真実を見つけ出そうとしているかのような北村さんのエリート刑事さんも、また対比が利いていてよかったです。一瞬の窪田くんと北村さんとの絡み、お互いに凄い迫力でよかったなー。もちろん、時代劇での共演が見てみたいです。

○最後に、貫禄が付いてきた要係長!どなかたの感想に、どんなに偉くなってもやっぱり「動物のお医者さんの二階堂」と書かれていて、凄く共感したのですけどw。ハムテルの吉沢悠さんも立派な俳優さんになったし、ぜひ「動物のお医者さん2014」をやって欲しいです。二階堂キャナメはどんなずるい手を使ったのか使わなかったのかH大獣医学部准教授になり、菱沼さん(和久井映見さんでもち!)の血液好きのオールドミス教授に仕えており、ハムテルは西根動物病院を淡々と開業しているとw。いや、最後、まったく関係ない妄想ですみませんでした。次回はちゃんと感想書きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやもう,なんでこの窪田正孝はここまでやってのけてしまうのか。
本当に恐れ入りました。
サマヌでも,大したストーリーじゃないなあ,というところを
根こそぎとっておきのラブストーリーとしてかっさらうし,
今回だって,たった2話の登場なのに,
映画並みのストーリーになってしまった;;
すごいわ。
某テレビ感想,すごいですよ!
久しぶりに泣いちゃいましたわ。
だから,犯人役じゃなくて,長登場での起用を!

No title

もんちっちさん、こんばんわ!

ホント昨日もよかったですね。というか、これまでの窪田くん出演のドラマの中でもかなり凄い、ゾクゾクさせる作品となりましたね!今年の窪田くんの作品の中では、滝の白糸と並ぶ作品になっちゃったかもしれません。

もちろん、サマヌの光も勇人@ガチスプも凄く好きなんですが、全体的なドラマのレベルの高さ、そして思う存分窪田くんの演技を引き出して、たっぷり見せてくれたこの作品、本当にありがたかったです。

おそらくその某テレビ感想、見ております!。やっぱり嬉しいですよね。みんなにああやって窪田くんのお芝居を見てもらえる。また、あの進化した凄い演技で。その嬉しさ、ファンやっててたまんないところです。

でね、オンエア見るまでは「もう犯人役は・・」と思っていたんですけど、このドラマを見ていたら、まだまだ追求できるんじゃないか、もっと凄い表現ができるんじゃないかと気持ちは揺れていますw。まぁ、とにかく「長丁場」「出演時間長い!」、これは欠かせないですね。もっともっとたっぷりと窪田くんの演技が見たいですねーー。
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。