スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事のまなざし 第11話「心」後編

うわーーなんか混乱してるかも。本当に厚いドラマでした。登場人物一人一人に語れる部分がありすぎて、それもひとところに収束していくだけでない幅があるものだから、いや嬉しくて悲鳴がでますねw。本当にいいお話でした。ひとまず、窪田ファンなので信吾目線で、ドロドロと感想を連ねたいと思います。

守る人、守るものがあるものの強さ、そして守りたかった人、守りたかったものを失ってしまった人の弱さ。その上で、自ら「守るもの」をつかみ取る意思のようなもの。孤独の闇から這い上がれる人、どうしてもその闇に引きずり込まれてしまう人の違いは、そんなところにあったのかもしれない。

自分の信念や娘を守るという意思に貫かれた夏目、夏目の娘の事件の罪を諦めず解決しようとすることで人々の安全を守ろうとする長峰、未だ自分の罪を充分に自覚できない至らなさがありつつも、妻と子とそして新たに一人の少年を守ろうとする尾崎。それぞれに辛さや、爆発しそうな気持ちや、至らなさがありながらも、信吾のようにならなかったのは「守るもの」があったから、「守るもの」を見つけようとしたからでしょうか。

その守りたかったものを喪失して、絶望していた信吾が自分と強く生きている存在を消すための犯罪に手を染める。でも、その犯罪をなしていく中で、偶然に、もう一度彼が守りたい存在に出会ってしまう。母に自殺された息子。その絶望からその子を守りたいという気持ち。それはきっと以前そのような目に合った自分を救いたいという気持ちにも繋がっているのだろうけど、その気持ちが彼の計画に綻びと一つの新たな視点をもたらした・・。

すべてを背負い込んで自分を断罪し、自分の存在を消そうとしていた信吾を、その原点に立ち返らせるかのような偶然の出来事。自分の中に「守りたい」という気持ちが残っていたことを、その気持ちが思いがけない方向で達成されたことを、知った信吾は、自分の犯した犯罪と自分自身の人生にもういちどまなざしを向けることができるようになるでしょうか。護送される車の中で、街のクリスマスのイルミネーションを眺める信吾の表情の、それまでの亡者のような表情からやるせなくも潤いの戻ってきたまなざしを見ると、きっとそうだと思いたくなるのでした。

この前後編で感じたこのドラマの「人生のままならなさ」を貫く描きぶりは凄いなと感じます。この信吾の暴走が絵美ちゃんの事件の解決の糸口をもたらしたこと。以前の夏目が信吾に心を掛けたからことから始まって、その「心」が二転三転して、憎しみや悪意やそしてひそかな暗い思いやり(信吾が絵美ちゃん事件に関わろうとしたのは、夏目が抱いているであろう憤怒の気持ちを開放させてあげたい、事件の解決に関わりたいという気持ちもあったと思うのですね)を重ねつつ、あるところに収束していくドラマの書きぶりは、人生を重ねてきた者ならではのまなざしだなと思うのでした。

ここまで信吾の人生を堪能させてくれた窪田くんの演技、そして「刑事のまなざし」というドラマを作り上げてきたスタッフ、出演者の皆様に今回は素直に拍手を送りたいと思います。昨日ブログに書いたように今回の窪田くんには、上手い、凄いと思うところも勿論たくさんあるのだけれど、ここまで信吾の人生に目を向けさせてしまう考えさせてしまう力が(もちろん脚本が素晴らしいのですが)凄いです。架空の人物の存在をまるまる実感させてくれる。なかなか、こんな体験ありませんよね。一つだけ今回痛感したのは、まだ母が生きて、ラーメン屋で苦労して働いてる時のごく普通の健気な青年が演じられることが大きいのかなと感じました。

さて、「刑事のまなざし」の感想はここまでなのですが、今回のドラマを見て、ひとつ思い出した古いマンガがありました。三原順の「はみだしっ子」の最終章「つれて行って」です。今回の信吾のように、愛する存在の自殺により、自分の存在に対する根本的な疑いを持ち、心を壊し悪意をためていき、最終的にある人の罪を被ることに自分の存在の意味と消滅を託し事件を起こし、それは当然のごとく(大人になってみたらホント当然だw)叶えられることなかったグレアムを思い出したのでした。

そして、彼はそんな中で偶然(かつ必然的に)再び彼をこの世界に押しとどめるきっかけとなる出来事に見舞われ、もう一度自分と向き合う。そこが「はみだしっ子」という長いお話の終わりで、クリスマスの頃の設定だったかと思います。このマンガを読んだ高校生の頃の衝撃が、未だあまり解決されることなく、自分の心の中に埋まっているのだなと気恥しいことを思い返したりして・・いや、長く個人的な感想、読んでいただいた方、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

拍手コメントありがとうございました!

あまだ本編を見ていらっしゃらないのに、ネタバレばんばんですみません&コメントありがとうございました!

窪田くんの演じる人が本当にいる人に思えるというのはよく聞いてはいたのですが、これまでそんな風にはあまり思わなかったんですけど、今回の信吾はなんかもう他人ごとには思えないと言うか、おっしゃるとおりなんかのめり込みそうで怖いですねぇ。時間のあるときにぜひ存分に浸ってくださいね!

で、はみだしっ子ネタに反応してくださってとっても嬉しかったです!もうあんまりに昔のことですので、知ってる人も少ないかと思っていました。ありがとうございます。

No title

こんばんは。 別の コメントで 失礼します。
刑事のまなざし リアルで少し見ましたが 録画は まだ 観ていません観ても ましゅましゅさんの 感想に 補足することは ない かも と 思います。内容が深すぎて…私には あれ以上は。。。窪田さんの演技には脱帽...取調室の 態度 目つき、でも 実は 偽り...

今日は ガチZ の 感想で。。。

やっと TSUTAYAで 借りて来ました。

あー面白かったーー。 こちらは わかりやすい。
柾木くん目線での 感想になるけど、、北海道.コーン.チャーハン。

石狩郡 出身 コーン好き ご飯 家で作る時は チャーハンの確率が高い。隠し味は ウエイパー。ブログからの情報ですが…

唇に ご飯粒つけて お口いっぱい頬張って がつがつ。ノラちゃんに
ごはん あげた時と 一緒じゃない…
バットは右だけど スプーンは 左手だよね。ついでに ペンも左手。
撮影の時 やべさんが 玲弥は 炒飯 何杯も食べて.俺なら嫌になるけどって。

キャラクター皆さん カッコいいとこ 笑えるとこ 泣けるとこ満載の
素晴らしい作品だなあ。。。映画館で観たのに 改めて感慨深いです。

玲弥くん 皆さんに後押ししてもらって良かったね。最後にもうひとつ

 エンドクレジットの 一番上に 全ての一番最初に 柾木玲弥。。。  
嬉しいです。私的には これが一番。 感動 ウルウル...
完璧 母親目線ですが…

小学生以下の 感想文 で 失礼しました。


勇人編 かなり 沢山観ましたよ。この感想は また後日改めて。
おやすみなさい。

No title

やまぐちさん、コメントありがとうございます!

柾木くん北海道の石狩郡出身ですか。そっか、実際にチャーハン好きなのですね!色々と教えていただきてありがとうございます。

ガチZも楽しく見ていただけたようで何より。あの先輩方の海千山千な感じとフレッシュな柾木くんのたたずまいの対比がよかったですよ~。次は、もっと剛毅をクローズアップした作品になるでしょうね。

勇人編も見ていただきありがとうございます!ぜひ感想も聞かせてください!!。で、できれば感想は、それぞれの作品の記事のところに書いていただけるとなお嬉しいと。画面左の検索フォームに作品名を入れて、検索ボタンを押せば、その記事のリストがでてきますので!わからない点があったら、聞いてくださいませねーー。

No title

おはようございます。って もうじき お昼ですね。昨日 夜更かし しちゃって。日中 バタバタしてて…

書き始めは 刑事のまなざしの感想を と 数行書いてみたけど あーー ダメだっーて。ましゅましゅさん どうして あんなにも文章力 表現力 あるんですか。  途中 編集しようとしたら パソコン 固まっちゃって しまいには 全部 消えちゃった、トホホ です。それでも 何か伝えたくて 急きょ あのような 支離滅裂 お粗末極まりない ガチZ 感想に なりました。とんでもない 構成になっていますが お許しあれ。。
また 消えると恐いし そのままで 送信したら もっとスゴクなってた。
でも 読んで下さって 有難うございます。色々 ご親切に 嬉しいです。

今日も 午後は やぼ用で 出かけます。

勇人編 の 感想 心の中には いっぱい溢れてるけど.。
さてさて うまく お伝えできるかどうか… のんびり お待ちくださいね。
同じ作品で 気持ち共有できたら 最高に嬉しいです。
それでは また。。。

No title

やまぐちさん、こんばんわ。

慌てなくても大丈夫ですよ~。ご自分のペースで、気の向いた時にカキコしていただければ大丈夫です!。いつでも待ってます!ただ、ガチバンの感想とかは、他のガチファンの方とか、柾木くんファンの方とか、ふらっと検索で見つけた方も読んでみたいと思うんですよね。

何しろ、ネットの世界でもあまり多くはないガチバンの感想だったりするので、ガチバンの記事のところにコメントしていただければ、そんな方々にも喜んでもらえるかな~と思いますです。ぜひ、一緒にガチバンを盛り上げていきましょう!

感想は好きなことを好きなように書けばいいです~。カキカキしていくとなんとなく書けるようになりますよ!



プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。