スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪花の華~緒方洪庵事件帳~

2009年の作品にして、窪田くん、初の時代劇。

番組HPがまだあって、掲示板も稼働しているなんて、今でも愛されている作品なんだなぁとちょっと感動。

あらすじや見どころや窪田くん演じる緒方章(緒方洪庵の若い頃)の素晴らしさはこのホームページの中の「みどころ」にばっちり書いてありますのでそちらをご覧ください。すごく愛情あふれる素敵な文章です。

レンタルDVDでかなり駆け足で見たので、全然物足りない感じなのですが

・とにかく男装の麗人を演じる栗山千明さんが、ひたすらカッコいい。と見せて、凛々さとは裏腹に心の片隅に残る弱さとか揺れ。

・一方で、若の頃の洪庵、緒方章を演じる窪田くんの、ヘタレながらも恋する人を守ろうとする時の深い強さ、愛情表情のきめ細やかさ。

主役二人の演技の息の合い具合が、その対っぷりが本当によかったです。

他のみどころとしては・・・

・小雁ちゃん、お元気そうで何より。昔から大好きです・

・悪(?)の蘭学者日高演じる加藤虎之助さんの悪っぷり。かなり無理のあるというか強引すぎる悪役だったと思うのですが、加藤さんの迫力で納得させられました。窪田くんのこういう強引な演技も見てみたいかもw

・続編ができそうな設定を最終回あたりで色々と振ってましたね。今、やるとすれば、「修業を終えて長崎から大阪に戻ろうとする章(とイタチではなく耕介)の前に左近が。章に秘密の包を渡し、「これを大阪に」と姿を消してしまう。当然、道中、色々と襲われる章。襲ったのは長州なのか、それとも公儀隠密か。左近は再び章の前に姿を現すのか。浪花の華は再び開くのか」という感じでどうでしょうね?正月時代劇で、ぜひw
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。