スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下流の宴 第4話

可奈「だって私,派遣ですよ」,(編集長ではなく)北沢さん「それが何か?」って・・・すっかり脚本が中園ミホさんだと忘れていました.

またまた,話はそれますが,ハケンの品格って,大泉洋ちゃんのドラマや映画の中で一番面白かったなぁと思ってます.バラエティな(っていうか水どうの)洋ちゃんと俳優洋ちゃんが幸せな融合を果たしている一編ですね(ピクトアップの窪田くんの前のページの洋ちゃんのインタビューを読んだせいかも・・ブツブツ・・)

それはともかく,この後の可奈の自分のダメさを見せることで,逆に男のプライドをくすぐるという高等戦術.その上,自分の悪いところ(とラクしたいところ)もあらかじめ男に飲ませておくことも完了っと,っていう描写はさすが中園脚本でした.この頭の良さを少し真面目に使えば,すぐにも自立した人になれそうなのに,なぜそうしないのか,いつも普段から不思議に思ってるところです.これじゃ,私,あのイヤ味な女正社員と一緒ですねーー.立場は全然違うけどっw.

あー,また話がそれました.でも,第4話「カリスマの逆襲」.すっごく面白かったです.とにかく,由美子さんは他人に火を着けるのがめちゃめちゃ上手い.その昔,島田くんに火をつけ,そして今また,珠緒に火をつけ,返す刀で島田くんに再着火.そう,由美子さんの周りでみんなが回っているんです.むっちゃ釈然としないけれど!.翔ちゃんの「俺は頑張らない」っていう強い「意志」でさえ,また由美子さんに焚きつけられた冷たい炎のように見えます.

珠緒の医大受験宣言が,そして「挑戦したい」という珠緒の本性が現れてからの翔ちゃんの外に出したくない動揺.とうとう珠緒に「翔ちゃんは結局お母さん中心なのよね.家出したのもお母さんの期待に添えなかったのを見るのが辛いからなのね」とズバリ言われた時も,軽い瞬き一回にとどめてあえて無表情.でも,その後の後ろ姿,肩が少々前傾気味.そして,カメラが回り込むと,少しだけうなだれていたことがわかる.短い時間のシーンの中で,動きにじみ出る翔ちゃんの心の中,といってもまだよく言葉にならない気持ちが,凄く印象に残るシーンでした.それに対して,ファイト溢れる珠緒の躍動感.やっぱりカッコいいよねぇ・・・.

さて,そんな風に女性陣が勝負を続ける中,健治パパはリストラ通告されました.結果がともなわない努力を悔んではならないのが社会人だけれど,自分がそうなるとやっぱりね,頑張るって何のためなんだろうと思いますよね.島田くんでさえ,珠緒がいなければそんな心持ちになってたようだし.そんな風景が見えている男たちと,視界に入らない女たち,いよいよバトルの始まりですが,誰と誰のバトルなんでしょうね,複雑・・.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。