スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下流の宴 第5話

サブタイトルは「裏切られた母」。島田くんが珠緒の受験勉強を見るようになり、同じ価値観を共有していると思っていた娘の可奈からは、だからこそこれまでの生き方を全否定され、夫の健治も「幸せだ」とは言ってくれない(まぁこれは健治さんのリストラっていうの事情ってものがあるんですが・・)。そんなこと全部含めて、自分の価値観がひっくり返って、ショックと不安で簡単にキッチンドランカーになってしまう由美子さんでした。

今回も、久々に家に帰ってきた翔ちゃんの目の前で、可奈が付き合っている一億円トレーダーの玲一さんに「この子は医学部を目指して受験中なんです」と翔ちゃん全否定の取りつくろいをいとも簡単にやっちゃうし、本当に自業自得と言いたいところ。でもね、たぶん、どんな素晴らしい人だったとしても、自分の信念を、自分の努力を、永遠に受け入れ続けてくれる相手なんていないんですよね。そう思えば、由美子さんの「自業自得」も他人ごとではないんだけれど。

そんなショックで深酒をして、酔った勢いで島田くんの塾にズカズカと行って、愚痴をこぼしたり、抱きしめてもらったり、甘えに甘える由美子さん。そんな失礼な酔っ払いに、惚れた弱みか、めちゃめちゃ優しい色気を発散中の島田くん。遠憲さんがね、表情がほとんど変わらないのに、もわっと、じゅわっと、気持ちが伝わってくる、声、声なのかなぁぁぁ。

一方、翔ちゃんは人によって態度というか表情がコロコロと変わるんだよね。おばあちゃんに見せる可愛い顔。ネコナデ声というかいい子ちゃん声とはこのことだよね。300万円貸してくれたおばあちゃんから「珠緒が失敗したら、翔ちゃんが大学行きなさい」と言われた時、眉頭から瞼に斜めに線が入ってマンガの線のようないかにもな困り顔で笑っちゃった。

珠緒と一緒の時は甘えてるのかな、言葉が端から溶けてくよな崩れ方。かいがいしく働いちゃったりするしね。そして、家族と相対する時のぶっきらぼうな態度。声のトーンを落として、一番男っぽい。そして、今日のキメ台詞「俺はこの家にはいない方がいい人間なんでしょ」と冷たい一瞬の微笑。傷ついた心を見せないようにしているのか、それとも「こいつらはやっぱり最低」という冷たい突き放しなのか。翔ちゃんも強がりで結構見栄っっぱりなんだよなぁとちょっと思う。

さて、酒につぶれて、マンガ喫茶に運ばれた由美子さんの追い詰められた姿を見て「おかあさん」と言っちゃう翔ちゃん。弱さが誰よりもよく見える人なんでしょうね。でも、ガードをゆるめていると、またズバンと来ますよということで、運命の第6話がやってきます~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。