FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさチャンの窪田くん

Nのために最終回のリピートに入る前に、19日朝の「あさチャン」の窪田くんコーナーを見てみましょう~。最終回の番宣的な、一部で話題になっている究極の相手なり、究極の待つ男、成瀬の紹介ではなく、これまで出演したドラマを中心に窪田くんをまるっと紹介するシーンでちょっとびっくりしましたよ!

これまでの出演作品も、家族善哉とドグちゃんがなかったのは残念でしたけれど、その他の出演ドラマからワンシーン紹介。

・大奥:「上様がつけてくださったんで」の有功さん挑発シーン。振り返って有巧さんを上から見下げるその目線が好きで好きで。ずっと低姿勢だった捨蔵の内心が初めて見えるシーンで一番好きなシーンですね・

・パーフェクトブルー:ピアノ演奏シーンです~。ストーリーはあれれ?ながら、ビジュアル的にはすっごく好きですね。完全な、悪びれない悪役というのも、得難くて好きなんですけどね!

・薄桜鬼:立ち回りでバサーっと一閃するシーン。刀を鞘に納めるシーンがカッコよかったですね。

・走馬灯殺人事件:友達に呼び出されて飲んだ後で、、そのお店を覗いてしまったシーン。窪田くんがお酒に酔っているシーンと言うのもレアな感じですね。

・刑事のまなざし:逮捕された信吾が道路のクリスマスのイルミネーションに、もの思うシーンですねぇ。本当にこのシーンも大好き!

・バイク乗ってる雑誌かインターネットのインタビューのお写真。

個人的には好きなシーンばかり!。中でも大奥でこのシーン持ってくるのはかなり凄い!と思いました。感じたのは、今回の成瀬の抑えに抑えた演技(でも、本当に内面のジワジワした感情が色気がよくわかる)とは違った傾向の、ちょっと派手しいというか、男っぽさが感じられるものがチョイスされていた気がします。

こういう企画はいいもんですね。窪田くんは局ごとでちょっと充てられる役に傾向がある感じもするし、各局バージョンを見てみたいですね~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日の最終回本当に良かったですね~。もう感動感動でした。
あさチャンで窪田君が見返りを求めない無償の愛について語っていましたけど、まさに、その通りのドラマでしたね~。
だから、愛の表現の仕方が間違ってるように見えても、憎めず、涙が止まらないのかも。

あさチャン、私も単なる番宣だろうと、高を括っていましたが、しっかり窪田君自身を取り上げてくれて、びっくり、嬉しかったです。
こうみると結構窪田君ってTBS出てたんですね~。そんな前でもないのにどれも懐かしい~って思っちゃいました。

街頭インタビューもっと見たかったです!
みんながどんなイメージ持ってるのか聞くの面白いですね。
窪田君コメディに挑戦したい、苦手なことに挑戦したいって言ってたけど、私的には、窪田君凄くコメディのイメージ大きいのですよね~。大奥なんて最初の方コメディにしか見えませんでしたよw。その後シリアスで可哀想でしたけど。でも一般的にはどうなんでしょう?窪田君は苦悩役の印象の方が強いのかな?その辺も知りたいです。

そうそう、どなたかが最後に、雰囲気のある俳優さんですよねって仰ってるの聞いて、まだ若いのにこの褒め言葉は凄いなって嬉しくなっちゃいました。

No title

シャロームさん、こっちにもありがとうございます!

成瀬の愛は、ただただ受け入れる、本当に無償の愛でしたね。そこまではいかずとも、おっしゃるとおり、みんな、その相手の全部をそれぞれに受け入れていて、ほんと泣けました。個人的には、あの安藤が最終的には希美の望みを受け入れて、一人でまっすぐ進んでるところと、その男泣きに、泣けましたっ!

窪田くんって、NHK、テレ東&フジって言うイメージが強かったですけれど、TBSもいい作品にいっぱい出てますね~。最近の窪田くんは本当に歩みが早いので1年立てば確かに「懐かしい」って感じになっちゃうけれど、ひとつひとついい作品を作っていって欲しいですねーー。

そうそう、街頭インタビューなんてあったんですよね。結構、みんないいところ突いてきてるなーなんて思いました。来年はコメディなんですね、きっと。エイプリルフールの映画だけじゃなくって、連ドラのコメディもぜひ見たいです!

私も窪田くんのコメディ好きですよ~。なんか自然にズレちゃう感じも好きなんですよね。で、窪田くんが苦手なのは、おそらくコメディではなく、「即興」なんだと思うんですけれどw。しっかり練りこんだコメディから見させてもらいたいです!

で、「雰囲気がある」とおっしゃってくれたのは、斎藤学先生でしたねーー。地味っぽいのに、あの雰囲気の濃さ、窪田くんの基本ですね!

No title

おはようございます!
こちらにもーー。
アサチャン、私もちょっと感激でした。
「髪型によってちがうひとみたいーー」的な街の感想、
的を射てましたよねーー。数作品は見られてますね。すごいな〜。

N最終回まとめ、楽しみにしてますね。(←催促がましいですが、ゆっくりお待ちしてます!)ほんと泣けましたよね。
しかし、Nは役者陣すごかったですね。
男性は、皆さん言うように、各世代それぞれ琴線にふれるお芝居でうならせてくれましたけど、
最終回で改めて思ったのは、女優さんたちが最初から最期までグイグイ引っ張って、ミステリーを成立させてくれたなーーと。希美母、父の愛人、なっちゃん、希美、奈央子さん、力強かったなーー。やられたなーーと思いました。特に奈央子は最期の最期でねぇ。。
ではでは。

No title

ねむり箱さん、こっちもありがとうございます!

「髪形」でのご意見、まさしくそう!って感じでしたけど、そこを使ってくださったスタッフの方々もよくわかってんなーって感じでしたね~。

で、去年、今年と窪田くんすごくドラマ出てますからねっ。特にファンの方でなくってもいっぱい目にとまりだしているんでしょうね。連ドラのレギュラーだけでも、光にいがぴーに朝市に黒崎さんに成瀬ですもんな、見事に髪形違いますねwww。

Nのまとめ了解しましたっ!書きたい、でも、まとまらないことが一杯で、どう書こうかと迷っちゃてます~。もう書き散しちゃいますかねw

ほんとにおっしゃるように女性が主導権を握っていたドラマだったですよね。男性は、彼女たちの想いを、そのまま受け止めることで、物語が動いて、収まっていったのかなぁと、特に、奈央子と西崎さんを見てて思いました~。

で、安藤が希美の想いを受け止め、希美が成瀬の想いに応えた、ほんと「いい三角関係の解消」の形だったなぁと思いましたねっ!
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。