FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェケラッチョ!! in TOKYO 第3話

2話で一続きものかと思ったら、そーではなかったみたい。拓実のDJの話はとりあえず置かれているし、喜屋武先生の言動のようにテーゲーな感じの脚本だなぁwww。

3話は拓実くんの恋愛話ですよっ。ごく普通の高校生のクラスメイトを好きになって、結局のところちょっと振られたけど、その分二人の絆は深まって・・というお話。今回のメインは、拓実くんが自作のラップをたどたどしくも歌って、愛の告白をする~ってとこかな。毎回歌うんだね,このドラマは~。

ホントね、もう絵に描いたよーな普通なんですよ。窪田くんが屈託のない笑顔で、相手の子に好きな人がいたと知ってピュアに落ち込んだり、ごくふつーの高校生活を送ってる!昨日書いたJRスキースキーもいいけれど、このナチュラルにちょっと失恋ってのがですね、普通すぎてね、去年の激動を見てきた私にはなんだかいい感じなのです。

あと何気に拓実くんのお家が金属加工屋さんで、ちょっと倉庫っぽいとこがいいですね。窪田くんって、何かと工業系アイテムの似合う人だなぁと思います。

チェケラッチョ!! in TOKYO 第1話、第2話

窪田くんテレビドラマ初主演、2006年の作品。全10話ですけど、DVD2枚の1巻ものなのは、1話19分だったからですね~。あっと言う間に1話が終わる~www

お話は・・東京の高校に沖縄からちょっと可笑しい喜屋武茂雄先生が赴任、廃部寸前の放送部の顧問にさせられます。放送部には、青葉拓実(窪田くん)、九条三平(木村了くん)、綱田慎吾(加治将樹くん)、大木悟(渡部豪太くん)がいるのだけれど、全然真面目に部活にやっていなくって・・。さて、放送部を立て直せるんでしょうか?・・という感じなのかな?

第1話、第2話はヤギ探しの回www。逃げ出したヤギ「信長」を呼び寄せるためにあれこれやっているうちに、4人は思わずラップを歌ってしまい、拓実は忘れかけていたDJとラップへの夢を思い出す・・という話・・かなぁ。ヤギの信長がすっごく可愛いです。

当時17?18?歳の窪田くんは肌が透けるような美少年。高校生には全然見えませんw。特に2話のラストの日差しが差し込む窓辺でサンプリングマシーンにあの綺麗な手をかけながら、眠り込んでいるシーンは、本当に素敵。でも、声と言動がごくふつーの高校生でふつーに骨っぽくって、微妙にギャップがあるというか、馴染まない感じが、不思議で新鮮でした。

で、ですね、第2話では窪田くんがお芝居の中で歌うんですよ~。ラップだからリズムを取りながら。これがリズム感よくってかなりよかったです。ホント今そういうお仕事がないのがもったいないくらい。第3話以降はもっと本格的にやるみたいなので、楽しみだなーー。

モテるにはラップだ・・・なのね

うちにもチェケラッチョ!! in Tokyo 来ちゃいました(^^;;;;;
お奨めありがとうございます!

窪田くんの天使の笑顔をちょっと拡大。ボケボケですみません・・


2006年の作品。すでにこの時点でみんないい男(*´ -`)
7年たって、みんなもっと素敵な大人になってきてるね~(*´∇`*)

おっと、封を開けたらこんなの発見~


ガクランなケイタ(じゃないけどw)・・これは幸せだ~、大吉!
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。