FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立バカレア高校 BOX特典映像の窪田くん

窪田くん出演のエイプリルフールズのディスク盤のレンタルも始まっているのですが、10月14日にセル盤も発売とのことなので少しだけ待つことにいたしまして、ずーっと気になっていた私立バカレア高校のBOXをようやく中古で(すみません!)購入しました~。

私立バカレア高校は2012年4月に日本テレビでオンエアされた連続ドラマ。ヤンキー男子高とお嬢様女子高が統合されて・・・という昨年も確かそういうドラマあったよなというお話でございます。窪田くんは主人公達に対立する高校の番長、袴塚遼太郎さん。窪田くんの2012年を象徴する短髪で、黒服のクールで武闘派の番長として登場。勇人と一味違った番長ぶりがめちゃカッコいいですね。でもって、佐野和真くんも後半で謎のヤンキーとして登場ですよ。

さて、BOXの豪華版の特典映像のメイキングはジャニーズJr編とAKB編に分かれていて、うちジャニーズJrの人たち中心のメイキングは尺も1時間25分もあって、窪田くんも結構おおく出演されています~。何しろ、メイキング冒頭のクランクインのシーンから、しっかり大きく映る袴塚さんのお姿が・・・神主さんの御祈祷を受けておられます~。



このお話では主人公格のジャニーズJrの6名がドラマもアクションもほとんど初めてということで、アクション中心のメイキングになっているのですが、窪田くんが彼らに殺陣のやり方を色々とアドバイスしているんですね。下のお写真は、主人公の森本くんに相手の腹部にパンチを入れる時、当てる直前にグーをパーにするとしっかり「当たって見えて」なおかつ安全というもの。窪田くんがアクションの前によく「安全第一で」と言ったりするのを聞きますが、ここでもその精神が垣間見えましたね。

kubo20151010_3 1

ここも森本くんとのタイマン場面で、殺陣の段取りや、当たって見えるための間隔を、指の動きで分かりやすく伝えている場面。この指の動きですっと体が動くのが面白いなぁ、凄いなぁと思いましたね。

kubo20151010_2 1

85分のうち、窪田くんが出てくるのは4場面でそこそこボリュームもありますし、2010年からのガチバンの経験を活かして、番長役を演じているのはもちろん、若い後輩たちに自分が学んできたアクションを伝えている風でなかなかないメイキングだな~って感じました。

そして、それから3年以上経って。先日、テレビを見ていたら、このバカレアの6人がSixTONESというグループ名でとても素敵な曲を歌い踊っているのを見ましたよ。みんな本当に大人になってカッコよかったですねぇ。もちろん、窪田くんもこの3年ですっかり大人の風貌になって、お仕事ぶりも本当に成長されて、人の期待を受けてそれに十二分に応えておられて。いや、若い人の成長って本当に素晴らしいな~って思う今日この頃です。

HiGH&LOWキャスト詳細(いわゆるクラス分け)発表!

窪田くんも出演されると新しいエグザイルドラマ「HiGH&LOW」の情報がぞくぞく出始めましたね。興味津津なのが、いくつかのグループに分かれての抗争劇なので、そのグループと所属メンバーの人選というか、端的に言って、いわゆるクラス分けといいますか班分けですよ!

●ムゲン AKIRA 青山翔
●雨宮兄弟 TAKAHIRO 登坂広臣
●山王連合会 岩田剛典、町田啓太、鈴木伸之、佐藤寛太、山下健二郎、佐藤大樹(C)
●誘惑の白き悪魔「White Rascals」 黒木啓司 遠藤雄弥 ゴールデンボンバー
●漆黒の凶悪高校「鬼邪高校」 山田裕貴 鈴木貴之 一ノ瀬ワタル
●無慈悲なる街の亡霊「RUDE BOYS」 窪田正孝 永瀬匡 佐野玲於 ZEN
●復讐の壊し屋一家「達磨一家」 林遣都 遠藤要 阿部亮平 小澤雄太
●謎の組織 「MIGHTY WARRIORS」 早乙女太一他

メインのエグザイルさん達のチームが3つ。そして対立するゲスト(?)チームがなんと5つ。窪田くんが率いるというRUDE BOYSの出番が気になるところですが、5つのゲストチームがなかなかよいメンバー構成なので、窪田くんの出番でなくてもたくさん楽しめそうで、妄想大爆発となる訳ですね

なんとなく戦隊モノイエロー担当な雰囲気も漂っているWhite Rascalsですが、だからこその雄弥さんの豹変があるんじゃないかと期待ですね。

一番年若そうなグリーン担当鬼邪高校は、山田くんがアタマらしく、その後ろに控えるデカイ一ノ瀬さんの二人の学ランシルエットがもうありありと浮かんでおります。奇しくも二人はガチバン同期(ガチクロ&ガチウル)でございます(一ノ瀬さんはガチスプ1からですが、やっぱりガチクロですよねw)。

おそらくイケメンっぽいブルーなRUDE BOYSチーム。その二つ名のとおり、耽美な残虐マシーンな窪田くんが見ることができるでしょうか?

林くんが率いる「達磨一家」がレッドっぽいですね。経験値的にはもちろん一番強そう。要さんと亮平さんってばかなり基礎値高い感じですし、間にいるであろう林くんの可憐さな暴れん坊姿が見たいものですね・・・

そうすると、謎のチーム、おそらく太一くんが率いるMIGHTY WARRIORSがピンクなのでしょうね。太一くん、女装の不良だったらよいなぁ・・・なんて、申し訳ない妄想が湧きあがりますねーー

山田くんブログによるともうアクションの稽古に入っているそうです。出演決定を知らせる山田君のブログを読むと、こっちの血が滾ります!窪田くんも頑張っているかな・・・「いつでもスパンと足が上がるように」しっかりとトレーニングを積んでいただきたいなぁと思います。

永遠のぼくら 先輩の背中 その2

このドラマ、おそらく見ている人の青春時代に持っていた気持ちが反映されちゃうのでしょうね。個人的には主人公格の3人の人物像があまり魅力を感じなかったんですよねぇ。特に航汰先輩は、研究者を目指していた人らしいひたむきさみたいなもの、困難にやさぐれていても守りたいものを感じさせて欲しかったなと。なんだか恋に逃げちゃったようにも見えたのが、自分の気持ちも持ち方もあるんでしょうが、残念でしたかね。

そんな航汰先輩の後ろ姿をもうちょっと。肩甲骨のの脇にある筋肉の張りが素晴らしいです。

kubo20150626_4 1

そして、最低さ最高潮の後ろ姿。

kubo20150626_3 1

失意のうちに故郷に戻る哀愁の背中。でも、個人的にはここでぐっとまっすぐに背中を伸ばしている航汰先輩も見たかったなーと。

kubo20150626_2 1

そして、先輩のラストショットも後ろ姿でございました。心の中に去来するものは何なのか。可愛い恋人の姿だけじゃないといいけどな~なんて思う自分の青春時代は、はい、恋とは縁遠いものでしたねぇ・・・・

kubo20150626_1.jpg

永遠のぼくら 先輩の背中 その1

ようやく少しずつ見ていますよ~。それにしても、このドラマ、窪田くんの素敵な後ろ姿がいっぱいですね!ドラマ自体に思うところは色々あるんですが、ちょっと今疲れておりまして、航太先輩の背中のショットに癒されている次第です~。

オープニングでのくっきりしたお仕事中の背中。青い空に、逞しい腕が素敵ですね~。



バックショットだと、肩幅の広さと腰の細さのコントラストがくっきりと見えていいんですよね。

kubo20150625_2 1

毛布をかけてくれるという定番のシーンが、後ろからでまたぐっとくるのえすね。

kubo20150625_3 1

さて、これでまだドラマの1/3くらい。また明日もう一度、あの後ろ姿を探してみたいと思います~。

永遠のぼくら ちょこっと!

今日はリアルタイムで視聴できず、午後10時を回ってようやく見ることができましたよ!という訳でまだ通しで見ていないのですが、久々にダメ男な、すさんだ役の窪田くんを見ることができてよかったです~。

kubo20150624_1 1

kubo20150624_2 1

何気に、この後ろ姿も好きでした・・・いやー、ほんとこの背中は素晴らしいです!

kubo20150624_3 1

早くゆっくり見たいんですけれど、土曜日くらいになっちゃうかな・・・
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。