スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝の白糸視聴中ーー

アリダーーーっ!



ただいま放映中、今、羊水屋さんのターンです・・

戯曲がお家にやってきた その2

前回からずいぶん時間が立ち、とうとうWOWOWの滝の白糸の放映まであと2日になりました。さて、今回は、現在手に取りやすい戯曲「唐版滝の白糸」のもう一つのバージョン、「唐十郎全作品集 第四巻 戯曲Ⅳ」(冬樹社 1979年:昭和54年発行)をちょっと見てみましょう。私は近くの市立図書館で借りましたよ!

表紙を開くと、新宿西口のビル群の前に出現した赤テントの写真。燃えるような紅色がとても美しいです。




そして、当時の舞台写真が。唐さんの姿が中心なのが当たり前とはいえ、何も知らない自分には新鮮でした(微妙にその後の世代なんすよね)。そして、それらの写真の最初に、なんと「滝の白糸」の初演(1975年)の舞台写真が!

kubo1226_2.jpg

アリダのジュリーとお甲さんの李礼仙さんですよね。ジュリーが正しいジュリーでなんか感動。そして、お甲さんの髪形と衣装がハデ!これを「狼カット」というのは無理があるかもwwま、細かく戯曲を読んでいくと蜷川さんの演出は戯曲の通りになっている訳でもないのでw、ま、演出の範囲内なのかもです・・

この全作品集版はちょっと誤植、というか角川文庫版(1975年)とは違って、「君には接続詞というものがないんだね」というセリフが「連続詞」になってたりします。ま、それはともかく、興味深いのは、巻末の解説に、このお芝居の成り立ちとか初演時のスタッフとか当時の劇評なども載っているところですね。

一つ一つの情報がかなり面白いのですが、初心者にはやっぱりキャストに目がいきます。銀メガネが伊藤雄之助さんですが、羊水屋さんが坂上二朗さんの師匠ということで知られている浅草のフランス座で活躍していたコメディアンの阿部昇二さん。そして、運送屋は唐さん主宰の状況劇場で活躍していた不破万作さんと十貫寺梅軒さん(あまちゃんに出てたって?)。

今回は、羊水屋さんが烏山昌克さんで唐さん人脈、運送屋が枝豆さんとらっきよさんというたけし軍団と言うか遡ればフランス座人脈と入れ替わながらも、浅草コメディアンの水脈が続いてるのだなーと思いましたです。

あーー、28日の夜が待ちきれないなーー。

窪田くんの腕と手

今年最後の週末出張から帰ってきて、ようやくのんびりとノンフィクションWを見ております。

冒頭のクライマックスシーン、凄いですね。来週の放映でも同じようなアップで見ることができるのかな。



思えば、今年はひたすら窪田くんの腕と手を見ていた気がしますね・・

ノンフィクションWを見ました

昨日の、WOWOWライブ「ノンフィクションW 大空祐飛 宝塚男役トップスターから女優へ」よかったですよ~!大空さんのこれまでも色々と知ることができたし、チャーミングなところ、いっぱい見せていただきました!いや、カワイイ方だなーー。あの可愛さ、癖になりそうです!

で、稽古中の窪田くんのお姿も結構ありました。単独インタビューもありましたよ。

流し台乗りの場面。蜷川さんが大空さんに「ここは宝塚でいいから!」と声をかけたところ、妙に大受けして、ヘナヘナと崩れおちる窪田くんの図。



大空さんとガツガツ意見交換する頼もしい窪田くんの図

kubo1221_3.jpg

そして、手首にベルト巻く練習の窪田くん図。なんだか職人さんのような几帳面さ、丁寧さがイイw!

kubo1221_4.jpg

で、最後にWOWOW「滝の白糸」の宣伝映像が・・コレ!

kubo1221_1.jpg

これでいいのですか~。いや、綺麗な筋肉の割れ方ですな!!

そんな訳で、ノンフィクションW、リピート放送ありますよ!

12/22(日)午前11:15、12/28(土)よる11:30、1/6(月)深夜0:00

28日のよる9時30分からは「唐版滝の白糸」ありますよ!ぜひ!

戯曲がお家にやってきた その1

窪田くん、来週9日午後8時からTBS月曜ミステリーシアター「刑事のまなざし」第10話に出演されるそうです!

それはさておき・・ふたたび「唐版滝の白糸」。東京公演が終わった後、この戯曲が収められている「唐十郎全作品集 第四巻」(1979年)を近くの市立図書館で借りる予約をしていたのですが、ずっと貸し出し中で音沙汰なし。もう忘れかけていた先週のこと、お友達が角川文庫版(1975年)のコピーを送ってくださいました!本当にありがとうございました!

先週土日までずっと忙しかったので、ようやく落ち着いてその戯曲を読むことができましたよ~。まだようやく手荒い女医さんのあたりですが・・窪田くんや平さんのセリフが再び蘇ってきます・・男「酸鼻きわまりない」・・???。漢字が読めない・・窪田くん何ていってたっけ?・・お恥ずかしい。調べてみたら「サンビきわまりない」でした。おぉ、確かに記憶がよみがえるww。確かに、その時には、何言っているのかわからなくて、気になってたのだったっけ・・

でも、戯曲を読んでみて思うのは、戯曲は立て板に水のように淡々とセリフが並んでいるので、このセリフがどうやってあのお芝居として立ちあがって言ったのか、演出家や役者さんの力に驚くばかりです。あの、アリダと銀メガネの掛け合い部分。この間のめざましでもちょっと流れたとこ。

銀メガネ:ところでだって。センテンスを変えるのはやめてくれ。
     廊下を這ってくる初夏の気配のように進んでいこう。
男(アリダ):ハア。
銀 :フウ。
男 :ふわり。
銀 :ホロホロホロ・・・。
二人、身振りでゆっくり手を取り合う。
男:これで通じ合えるのなら二人は仙人の境地に入ったんでしょうか。

としか書いていないんですもんねー。単純に読んだ感じのテンポと実際のお芝居のテンポはまるで違うような気がするし、お芝居のアリダのノリノリぶりとか、ギャハハハ笑いとかはまったく戯曲からは読めないとw。ここまで演出や演技で印象を変えながらも、セリフ自体は同じ(トガキ通りではないけれどw)のもまた凄いなぁと思うのでした・・

いやいや、面白いものですねぇ。そして、そうこうしているうちに、予約していた全集本がようやく本日届いたのでした。全集本には解説もあって・・またなかなか興味深いことが書いてあったのでした!。またそれは次回に!!
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。