FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火村英生の推理 最終話 理性と勇気と

ようやく復活ーー。ようやく元気になってきて、フールーのアナザーストーリーも少し見ることができました!火村先生は母校の先生になることができたのね・・とか、一回生って言い方懐かしいとか、まだそんなところですが、嬉しいですよね。

さて、本編。最終話だという思いで見ていたせいかもしれませんが、久々に最初の方の火村と有栖の会話のあたりジワーっときました。二人が座って向かい合って、じんわり話をする。すごくこなれてきて有栖先生の関西弁で語られる、ちょっとだけゆっくりした間の二人の会話。もうねぇ、二人の関係の微妙さが、いまだに二人の間に残っている駆け引きの関係が、よかったですよ。

よくドラマ版の火村英生はBLっぽい味が強いとか言われますが、どうなんでしょうね?。確かにお互いがお互いの存在を支え合っているところはある。相手のために激昂したり、命を顧みないような行動も取る。でも、恋愛っぽいイチャコラはあまりない気がするんですよね(対ST比)。火村先生と諸星が銃声を残して行方不明になっても、有栖先生はただひたすらに小説に向かうと言う姿で、その喪失感が決して声高にならない形で描かれている(小説に向かうのが喪失を埋める姿と言うはダリ繭で描かれていた)。

そして、おそらく火村先生が戻ってきたであろうラストシーンでの少しだけびっくりして少しだけ嬉しそうなあの表情。なんかもう二人の関係性の描写は押さえに抑えた形になっていて、そこがとにかく全般的にパシッとしないドラマ版火村先生の特徴ではあるのだけれど、これがBLか?と言われたら非常に渋い趣味の・・・としか言いようがないと思うのだけれど。どうなんでしょうね?

ちょっと横道逸れちゃったけれど、やっぱり今回のドラマの趣旨は一貫していて、「美しい犯罪などなく、犯罪とは身勝手さ、残忍さをもつものである。また、犯罪に立ち向かうことができるのは理性と勇気である」ということだったように思います。それを象徴的に示したのが、最終話の「3つのワイングラスから毒薬の入った1つを見分けるトリック」でしょう。まったくの推論勝負。そこにテロリストの諸星は命を弄ぶための絶好の場であることを期待して火村先生にゲームをしかけます。

もし火村が毒の入っていないグラスを選択すれば、諸星は毒の入ったグラスを飲み干して自殺しようとしていたのでしょう。そうした諸星が想定した命を弄ぶゲームに対して、そのゲームを火村はどちらも命を落とさないための戦略を勇気を持って仕掛けるのです。一人分の毒薬は一人の命を奪うけれど、それを二人で分けあえばぎりぎり二人とも助かる・・正確に言えば、二人とも助かる確率は一気に上がる。

命を奪うことを軸にしたゲームを一気に命を助けることを軸にした命がけの救出活動のようなものに変えてしまった火村先生の推理といいますか、犯罪へのスタンス。また、それを可能にした理性と勇気。そこのあたりがこのドラマ版の言いたかったことであり、「この犯罪は美しくない」というドラマが始まる前からの宣伝文句の真の意味であり、トリックということだったのでしょう(ちょっと獄門島の「きちがいじゃが仕方がない」を思い出した・・・)。

そうなると、この最終話の後半、諸星と火村の最後の抗争と、そこから取り残された有栖の思いは、どんな意味があるの??ということになるんですが、そのあたりはアナザーストーリーをじっくり見て考えたいと思います!

火村英生の推理 最終話に入る前に(^^;;;

年度末の仕事の山場が終わったと思ったら、風邪ひいちゃったですよ。そんな訳で、今日は火村先生のリピート断念でございます。でも、最終回のロジカルデスゲームは面白かったですねぇ。火村先生がしかけたあのトリックはこのドラマのテーマにぴしーっと合っていて、よかったなぁとちょっと感動でしたよ。理性と勇気万歳みたいな・・・。

さて、そのあたりはゆっくり書くとして、とりあえずは学生アリス先生のファンキーなお姿を見て、休むことにいたします・・・。



いや~ん。ほんと、お顔と手と指のすべてが演技しているなーって。こういうところが窪田くんの神髄だなとうかつにも思うんですよねぇ。

火村英生の推理 第9話 そろそろまとめたい気分

さて、昨日の工さんのクランクアップ写真を見ていて、こういうほんわかな雰囲気がもうちょっとあったらよかったかも・・と思ったんですが、有栖先生誘拐の第9話は、そんな雰囲気は微塵もなかったのが、印象的でしたね。

確かに、火村先生が有栖奪回のために並々ならぬ意欲を見せていたことはわかるんだけれど、下宿のおばちゃんに、「必ず、有栖を連れて帰ってくるから、一緒に鍋食べよ」というところはじわっと来たけれど、それよりも誰が殺した推理の方に火村先生を始め盛り上がってしまったのに、「このドラマだなぁ」とヘンなリスペクトを感じたんだった。

そのヘンなリスペクトというと、今回はやっぱり、毒を盛られた野間田さんが苦しんで泡を吹いて死ぬところまで、しっかりと見せきったところでしょうか。火村先生がいつも言う「この犯罪は美しくない」という言葉そのままのありさま。それを一部始終見せられる有栖川先生の悲痛と言うか、ほんとうに「哀しみ」の成分がまったく入らないような「悲しい」叫び。おそらく、これまでも人を殺し続けてきたであろうテロ組織の残忍さを暴き出すのに相応しい、共感しようがない悲しみを窪田くんはよく表現していたなぁと感じました。

前からも書いていたけれど、このドラマは犯罪の無慈悲さとか、それに向かう推理のあけすけさというか許しのなさみたいなものをずっと描いていて、きっとそこがこれまでの推理ドラマとは違う点なんだろうなと思うのですね。この寒々とした感じはなかなかない。

ただ、火村先生が心の中に飼っているという暴力性がこのような寒々しさの下に発露されるとは、そして、そうなった時の有栖先生の彼を救いたいという気持ちがドラマを生み出すようにも思えない・・そこがやっぱり問題のまま残ってるな~なんて思うのでした。さて、最終回の展開はどうなるのか・・・やっぱり少しカタルシスが欲しいな~なんて軟弱なこと思っています。

火村先生、クランプアップ!

寒かったり、あったかかったり、晴れたり、雨が降ったり。さすがは春、お天気の移り変わりが激しいですね~。そんな訳で体調が落ち着かなかったり、はたまた買ったばかりのスマホが一時なくなって夜中に大騒ぎしたりして(見つかりましたよ!)、ちょっとぐったりの日々を過ごしております・・・・

さて、そんな春の入り口の今日この頃。とうとう、火村先生がクランクアップされたそうですよ~。火村先生のクランクアップは横浜の大黒ふ頭だとか、さて、どんなラストシーンが待っているんでしょう?

そして、有栖先生の窪田くんとの記念撮影。いや~、オフショットのこのお二人って、ほんとバディ感ハンパないですよね~。ドラマの中よりも、新婚感溢れていますねっ!



さて、さて、ツイッター見ていると、「最終回に重大発表」とのことですが、いつものディスクBOX発売とかじゃないでしょうねww。ぐっとくる「重大」なヤツ、お願いしますよっ!

火村英生の推理 第9話 業の深いこと・・・

えっ?来週最終回ですか??。なのに、この暗さといいますか、むなしさといいますか、犯罪に対する冷たさといいますか。革命を目指す集団が単なる内ゲバ集団で、そんな状況でも推理を繰り広げる警察も含めた「犯罪」というものに憑りつかれた集団。

そんな中、この人が一番「ふつー」なのかもしれません・・・でも、この目、やっぱりずぶずぶとはまりそう・・・



決して、気持ちよくはならない火村英生。やっぱりじっくりと見なければなりませんな・・・ということでまた明日!
プロフィール

ましゅましゅ

Author:ましゅましゅ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。